« この作業はいまいちです ~ どこかの業者さん? | トップページ | なぜ日本ではこのようなファンドが買えないのか ~ Vanguard Wellesley & Wellington Mutual Fund »

2015年1月28日 (水)

投資効果 ~ 本の値段

ジェレミー・シーゲル教授の新しい本が出ていないかと思ってAmazonを見ていたところ、私も持っている何冊かの旧版(「株式投資」・「株式投資の未来」)が、中古品として定価の2~4倍の値段で売られているのを見つけました。

本を買って6年ほどでその値段が2~4倍になっているのですから、複利計算で12%~25%の利回り。

どうやら本を読んで株や投資信託を買うよりも、その本自体をたくさん買っておいた方が儲かったようです。(笑)

意味合いは少し違いますが、どこかで読んだ「投資情報を使うのよりも投資情報を売る方が儲かる」という言葉を思い出しました・・・。

そして…、いくら名著とは言え、中古本にこのような値段が付くということは、投資環境がそろそろ危ないのかなとも思います。

「女性誌に株の話が出るようになったら天井」という話もあり、気が付くと電車の吊り広告にもその手の話題が増えているような。

まあ、先のことは分からないのでアロケーションを堅持しつつドルコスト平均法で粛々と進みます。

|

« この作業はいまいちです ~ どこかの業者さん? | トップページ | なぜ日本ではこのようなファンドが買えないのか ~ Vanguard Wellesley & Wellington Mutual Fund »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この作業はいまいちです ~ どこかの業者さん? | トップページ | なぜ日本ではこのようなファンドが買えないのか ~ Vanguard Wellesley & Wellington Mutual Fund »