« トレーニング再開 | トップページ | バッテリー交換 ~ E38 750iL »

2014年10月25日 (土)

ウィンドウレギュレータ交換 ~ E38 750iL

Dsc_2874

閉まり切らなくなっていた左フロントのウィンドレギュレーターを交換しました。以前に右側を交換して作業方法が分かっていたので作業時間は2時間足らずでした。

Dsc_2882

室内側のドアノブの奥にあるカバーを外し、トルクスでビスを外します。

Dsc_2883

ノブのハウジングを引き出して・・・

Dsc_2884

内張りを外すのに先立ってハウジングを中に入れておきます。

Dsc_2886

あとはリムーバーを使って内張りを外して行きます。

前にも書きましたが、この車のクリップのボディー側にはウレタンスポンジのワッシャーが入っています。入っていないタイプも部品として設定がありますので、購入の場合は気を付けてください。

Dsc_2888

クリップを外し終えたら隙間から手を入れてスピーカーその他のコネクターを外し、内張りを持ち上げてドアから取り外します。内張りの上辺がドアに引っかかるようになっています。

このとき、ドアの取っ手の裏側に当たる部分にあるユニクロメッキの金属部品に嵌る樹脂パーツがドア側に残るので、これを外し、予めこの金属部品に取り付けておきます。


Dsc_2889

続いてスピーカーボックスに繋がる配線コネクターを外し、配線を留めているタイストラップを切ってスピーカーボックスを取り外します。エアバッグユニットは本体を留めているボルト3本を外して本体は紐でぶら下げておきます。

Dsc_2890

スピーカーはしっかりした樹脂のボックスに収められています。特にオーディオの性能云々と謳った車ではありませんが、こういう見えないところにもきちんとコストをかけてあります。ドアの鉄板への直付けと比べて音響的に制御が利きやすいのは間違いないでしょうね。

Dsc_2894

ウレタンの防水防音カバーをめくり、レギュレータユニットの取り外しにかかります。レールの上2箇所はボルトを完全に引き抜かなければなりませんが、下2箇所とモーター付近の1箇所のボルトは緩めるだけで大丈夫です。

Dsc_2893

上2箇所のボルトを取り外す際にガラスが邪魔になる場合は、ガラスを上下させてボルトにアクセスします。ガラスはクリップで挟まれているだけですので、クランプ(上の写真でレール左右に付いている銀色の部品)のボルトを緩めれば自由に動かせるようになります。

Dsc_2895

ガラスをサッシから引き抜きます。ガラスを傾けて斜め上に引き上げます。

Dsc_2898

ドアからレギュレーターユニットを取り出します。前後のガイドレールはワイヤーで連結されているだけなので取り外しは簡単です。

Dsc_2899

取り外したユニットです。

Dsc_2901

例によってプーリーが割れていますが、新しい部品を見ても特に改善した様子はありません。こんな部品の強度を増すことくらい簡単でしょうに、BMWは品質というものをどのように考えているでしょうか。

まさかこれも「フィーリングを良くするために敢えて耐久性を犠牲にしている消耗部品」・・・??

 

さて、ここまで来れば海外のサードパーティー整備要領書ではありませんが、「取り付けは取り外しの逆」です。

特に調整も必要ありません。

 

・・・ということで、ようやく高速でも静かな、いや、普通レベルの車になりました。

|

« トレーニング再開 | トップページ | バッテリー交換 ~ E38 750iL »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トレーニング再開 | トップページ | バッテリー交換 ~ E38 750iL »