« 警告灯点灯 ~ E38 750iL | トップページ | DSCに新たな症状 ~ E38 750iL »

2014年6月 9日 (月)

DSC警告灯 ~ E38 750iL

DSC警告灯(ABS+TRC)の件、警告灯が気まぐれに点いたり消えたりする症状に加えて新たな症状が出て来ました。

① 高速道路、一般道で一定速度で走り続けている時に、1日に数度、TRCが動いた様なガツンと言う駆動力の瞬断を感じる。

② 警告灯の点灯と同時にハンドルの操作が重くなる。

ちなみに、警告灯が点いている間はATが4速までしかシフトアップしません。マニュアルモードでシフトしてやると5速にも入ります。

初めはABSユニットの故障かと思いましたが、新たな症状を見ると、何となく車速センサーに問題があるような気がしてきました。

車検整備でのアームの交換等でセンサーの線を痛めた…なんてこともあるかも知れません。

引き続き調べを進めます。

|

« 警告灯点灯 ~ E38 750iL | トップページ | DSCに新たな症状 ~ E38 750iL »

コメント

DSC警告灯、早く原因が特定できるといいですね。
私の車も納車当初からDSC警告灯が点灯し、ディーラーでテスターに掛けてもらったところヨーレートセンサーの異常ではないかと言われ、納車直後だった為購入先に話して代わりのヨーレートセンサーを送ってもらいました。
交換し、コーディングしても症状は収まらずそれではABSコントロールユニットかもしれないと言う事になり購入先にユニットの交換をして欲しいというと、薄利で販売しているのでそこまでは出来ないとの事でした。
それでは納得が出来ないと言う事で5万円の値引きをしてもらい返金対応で済ませた経緯があります。

北海道の凍結道路でDSCが作動しないと750iLはじゃじゃ馬になります。
価格もこなれてきたので昨年秋にABSコントロールユニットを購入し快適に冬道を走れるようになりました。

早く問題が解決する事をお祈りいたします。

投稿: hiro | 2014年6月10日 (火) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 警告灯点灯 ~ E38 750iL | トップページ | DSCに新たな症状 ~ E38 750iL »