« エキスパンションタンク交換 ~ E38 750iL | トップページ | OBDスキャンツール ~ 今後に備えて »

2013年12月25日 (水)

故障の棚卸2013年 ~ E38 750iL

Dsc_0463

今年もそろそろ終わりが近づいてきました。今年は今まで放置していた身の回りの色々なものを片付けつつ年を越そうとしております。一方、私の車と言えば走行が14万キロに近づき、今も相変わらず壊れ続けています。

壊れ箇所1: エンジン警告灯

この警告灯が点くのは乗り始めてから3度目です。インテークマニフォールドのシールが悪くなって空気を吸い、混合気リーンの警告が出ています。このV12エンジンの持病ですが、直すのが面倒なので1年以上放置しています。やや燃費が悪いような気がします。期待の持てるシール剤を手に入れたので、車検で問題が起きないようにこの正月には直そうかなあと思っています。

Dsc_0461

壊れ箇所2: カーナビ

写真を撮ったときはたまたま正常に動いていましたが、起動直後は必ず「ディスクが読めません」というメッセージが表示されてナビとしての働きを全て放棄します。運転を始めて暫くすると正気に戻る事もあるのですが、これが10分後になるのか3時間後になるのかはその日の気分次第です。

そんな様子なので出発前に目的地を設定することも出来ず、ほとんど役に立ちません。傷が付いて検索データが読み取れない状態だったディスクを磨いて何とか動くようにしたナビですがそろそろ限界なのかも知れません。

ディスクを新品で買おうとすると4万円くらいするらしく、それで直るかどいうかも分からないのと、それだけ出せばポータブルナビが買えてしまうのとで不安定なまま放置になっています。

Dsc_0460

壊れ箇所3: 助手席のパワーウィンドウ

実用的に危険なのがこちらです。各ドアのスイッチは無効に出来るのですが運転席のスイッチでは動いてしまうところが危険です。ついうっかり開けてしまうと電動では二度と閉まらなくなります。閉めるにはスイッチをチョコチョコ押しながらガラスを両手で挟んで引き上げるという技が必要です。

最近はそれでも上がりにくくなって来たので限界が近づいているのかも知れません。旅行先で運転席のパワーウィンドウが壊れたときはどうやっても上がらなくなり、最寄りのディーラーまで走って応急処置を頼みました。助手席側なので妻に不評です。早く直さなくては。

ちなみにこれで全てのドアのパワーウィンドウが壊れたことになります。他の車種とレギュレーターが共通なのですが、明らかに750の二重ガラスの重さに耐えられていません。

Dsc_0468

壊れ箇所4: グローブボックスのノブ

ある日突然もぎ取れました。まだ良く見ていませんが、普通に開けることが出来ず、無理に開けると閉まらなくなるという状態です。何故こういう簡単なところが壊れるのか。どいういう品質管理をしているのかについて非常に興味が湧きます。

Dsc_0464

壊れ箇所5: ドアミラー

ミラーの上の方が剥離してきました。自動防眩ミラーなので液晶の層とミラーの層が剥がれてきているのではないかと思います。明らかに剥がれているのは右上の隅の部分だけなのですが、よく見ると右上1/4くらいは剥がれかけているようです。たったこれだけの事なのですが特に昼間は視認性が悪くなって危険です。

つまらない事故など起こしたくないのでミラーだけで交換できれば交換しておいた方が良さそうです。

 

さて、今年も一年よく壊れました。

来年の5月が車検です。どうしたものかと思案のしどころです。

 

皆様にとって来る年が素晴らしい年となりますように。

|

« エキスパンションタンク交換 ~ E38 750iL | トップページ | OBDスキャンツール ~ 今後に備えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エキスパンションタンク交換 ~ E38 750iL | トップページ | OBDスキャンツール ~ 今後に備えて »