« マンガ GTroman 再読 | トップページ | 電気料金値上げ ~ 自家発電との比較 »

2012年2月10日 (金)

ストレステストの妥当性 ~ 原子力発電所

原子力発電所のストレステストについて、その評価方法の妥当性が非常に疑わしいと思っているのは私だけではないと思います。

核廃棄物の処理方法が決まらないなら恒久的に原子力発電所を運転することが出来ないことは明らかですし、核燃料を輸入に頼る以上、原子力発電に安全保障上の優位性があるとも思えませんが、急場しのぎとしては、当面の間、応急的な事故防止策をとりながら原子力発電所を運転することはやむを得ないでしょう。

しかし、その運転の前提条件として行うストレステストなるものについてどのような検証を行っているのか今のところあまり情報がありません。また、多くの国民に甚大な影響を与える事柄であるにも関わらず、仮に評価方法の詳細が開示されたとしても、結局のところ、妥当性の判断は一部の技術者や専門家にしか出来ないでしょう。

にもかかわらず、もしも国民に広くその妥当性を認めて欲しいなら、事故を起こしても居ない原子力発電所について仮定の仮定に基づく話を繰り返すばかりでなく、まず実際に事故を起こした原子力発電所をストレステストにかけ、その結果を公表するというのは如何でしょうか。

ストレステストにおいて、少なくとも現実に事故を起こした原子力発電所では事故が起き、その経過もストレステストの結果と合致することを確認するのです。

言うまでも無く、実際に事故が起きた原子力発電所が合格判定されるようなストレステストでは全く意味がありませんが、原子力発電所で起きた事故をテストが正確にトレースすることが分かれば、テストに一定の妥当性があると考えられるのではないでしょうか。

ストレステストの想定条件はこうします。例えば津波高さについては、福島第一原子力発電所で東京電力が見誤っていた割合で現在の各原子力発電所の想定高さを割り増します。事前の想定が5mで実際には15mだったということであれば、各原子力発電所の想定を3倍にしてテストします。地震の規模、震度についても同様です。

設計条件の設定者(設計者ではなく)が自然現象の見積りを誤ることは既に明らかなのですから、同じくらい見誤ることを前提にテストするということです。

ただ現時点での大きな問題は、ストレスモードに取り込まれるべき福島第一原子力発電所で何が起きたのか、事故モードが全く特定されていないことです。津波が事故の唯一の原因だったのではなく、実は地震の時点で既に配管の破断が起きており、津波が無くても一定レベルの事故に繋がった可能性がある等、色々な話があるようです。

そう考えると、そもそも今の時点ではストレステストなど出来ないというのが正しいのかも知れません。

困ったものです。

 

この記事のクオリティーも困りものですが。

|

« マンガ GTroman 再読 | トップページ | 電気料金値上げ ~ 自家発電との比較 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マンガ GTroman 再読 | トップページ | 電気料金値上げ ~ 自家発電との比較 »