« ATF交換その後 ~ E38 750iL | トップページ | ウィンドウレギュレータ交換(追記) ~ E38 750iL »

2011年10月22日 (土)

ウィンドウレギュレータ交換 ~ E38 750iL

Dsc_8302

旅行先で壊れた運転席ドアのウィンドウレギュレータを交換しました。壊れてから約2ヶ月、妻にせかされてようやくの作業です。このところ色々なことに対する意欲が減退気味でどうもいけません。

ウィンドウレギュレータの交換は10年以上前にHR31で経験したきりですが、見たまま取り外して取り付けるだけ。Assy.の交換作業自体には特に難しいところはありませんでした。

前後2本のガイドレールは上下1本ずつ、計4本のボルトでドアに固定されています。後ろ側のレールの上を留めているボルトだけはガラスが邪魔して外しにくいのですが、レギュレータにガラスを固定しているクランプを外してガラスを前に大きく傾けるとアクセスすることが出来ます。

Img_0611

トルクスが使われているところが多いので作業されるなら用意しておいた方が良いでしょう。T型(オス)、E型(メス)共に必要です。ただ、この作業に限ってはE型について10mmのソケットで代用できるので必須というわけでもありません。

ガラスは本来位置調整が必要だと思いますが、取り敢えず後ろ側に寄せてクランプを締めておきました。レール取り付けボルト本締めの前に、何度かガラスを上下させて動きを確認し、スムーズに見える場所で本締め。特に問題は無さそうです。

ポジションのメモリースイッチとスピーカーの配線を繋ぎ間違えるという事件(壊れなくてラッキー)がありつつも、特に苦労することなく作業を終えることが出来ました。そうそう、怪我をするといけませんから、バッテリー端子は必ず外しておきましょう。

Dsc_8305

久しぶりにビシッと閉まった窓。スッキリしました。

窓が動かない車は恥ずかしいから出かけないと言っていた妻を誘ってどこか遊びに行くことにします。

|

« ATF交換その後 ~ E38 750iL | トップページ | ウィンドウレギュレータ交換(追記) ~ E38 750iL »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ATF交換その後 ~ E38 750iL | トップページ | ウィンドウレギュレータ交換(追記) ~ E38 750iL »