« リアシートバックレスト付近異音発生 ~ E38 750iL | トップページ | 「平等」とは常に是認される概念なのか »

2011年7月 6日 (水)

小屋裏換気扇改め屋内空気排気扇取り付けの計画(1)

「夏の夕方から夜の暑さ対策」として以前にも記事にした事のある小屋裏換気扇の設置について改めて検証してみたところ、当方の場合は小屋裏の空気を外部に放出する換気扇を取り付けても、暑さ対策にはならないことが分かりました。

というのは、午後7時頃、2階の室温が外気温よりも高い状態でも、実は屋根裏の温度は既に外気温と同じくらいまで下がってしまっているからです。どうやら積水ハウス標準の棟換気構造がかなり有効に働いているようです。

今まで2階が暑いのは屋根裏にこもった熱い空気が2階の天井を伝って室温を上げているものとばかり思っていたのですが、完全に間違っていたということになります。そうではなくて、外気温の上昇と共に暖められた2階の空気が、「高い断熱性の所為で」外気温が下降に転じてもなかなか下がらい状態だったのです。(表から強く熱した保温箱のような状態)

夏季の暑さを防ぐために標準の100mmから自分で200mm(場所によって300mm)まで敷き増した断熱材は、冬の暖房費と夏の日中の空調費の節減には有効なものの、残念ながら「夏の『夜の』暑さ対策」としては的外れでした。それどころか、小屋裏への放熱を阻害して暑さを助長しているかも知れません。

これはグラフを書けば明らかなとおり、気密性や断熱性能を上げれば解決するという話ではなく、全く逆に、夕方の外気温の低下に対して室温がすぐに応答するとい意味で、窓を開け放ったときの建物の風通しと、伝熱性の良さ(断熱性の低さ)を必要とするわけです。

日本でよく言われる家づくりの基本である「夏を旨とし…」という言葉の意味に改めて納得してしまいました。

とは言え、断熱性をわざと落として全体としての光熱費を上げるようなことは出来ません。そうなると残るのは建物の風通しを良くするという方法です。

正直なところ、家づくりの過程で「風通し」というキーワードは頭の中に無かったと言っても過言ではありません。その所為で真っ直ぐに吹き抜ける大きな窓が少ないからか、無風の時にはどんなに窓を開けても室内の温度が下がらないのです。

窓の外は明らかに涼しいのに家の中が暑いというのは非常に不快です。なんと言うか、家づくりの一部を確実に失敗したとさえ感じます。

というわけで、少々動力のお世話にはなるのですが、「小屋裏換気改め外気導入並びに2階屋内空気の排出計画」を開始しました。

やることは簡単で、屋根裏部屋の壁に大型の換気扇(1500m/h程度)を取り付けるだけです。暖められた屋内の空気を小屋裏に排出することで小屋裏を冷やしつつ、屋外の冷たい空気を室内に取り込むわけです。

現在、機器の選定中。

順次御報告します。

|

« リアシートバックレスト付近異音発生 ~ E38 750iL | トップページ | 「平等」とは常に是認される概念なのか »

コメント

我が家も同様なことで悩んでいます。風通しに基本大きな窓は必要無いと今も思っておりますが、熱帯夜の暑さは少々風が抜けてもどうにもなりません。

我が家は木造なので、昼間熱せられた構造体(梁・柱等)が夜に放熱しているのでしょう。という事でいくら熱を逃がしてもムダかな?と諦めています。鉄骨なら冷えるのも早いのでしょうか?

屋根のガルバに今流行り遮熱塗料を塗るのが一番現実的ですが、どの程度の効果があるか分からず躊躇している所です。10年以上経って塗り替えの時期でもいいかと思ったり・・・。

という事でご報告を楽しみにしています。ottoさんの工場とかも遮熱塗料とか試していないんですか?

投稿: koge | 2011年7月 7日 (木) 06時57分

kogeさんコメントありがとうございます。

熱源については私も興味があります。躯体からの放熱で室内が加熱されているのならその部分の壁の温度がかなり高いはず。これから色々なところを測ってみます。

遮熱塗料はメーカーに見学に行ったりして検討したことはあるのですが、屋根が塗り替え時期に達してないのでまだ施工はしてはいません。

ただ、メーカーで遮熱塗料を塗った物置を見た際、中の温度は明らかに違いましたし、白熱電球で鉄板を照らす展示でも表面温度は大きく違いました。実は私も自宅の屋根の塗り替えの際には、と考えています。

何か試し次第記事にしますのでご参考いただければ幸いです。

投稿: otto | 2011年7月 8日 (金) 10時41分

どうも!ごぶさたしております。
ご心配をおかけしたようで、申し訳ないです。

昨年異動して以降、休みが不定期のようになり、そして残業も多く、出張もちょくちょく。。。とにかく未だに体が慣れません。
でも、毎日ぐったりしている以外は至って元気です。(笑)
時間が取れれば、ひたすら自転車を漕いでます。
上記の理由で、家に居るとき、ほとんどPCの電源を入れなくなってしまったんです。
ottoさんのブログも全く拝見せず。。。

ご心配をおかけしました。
nichaさんにも連絡しときます。

さて、夏場の暑さ対策ですが
ottoさんの断熱材増加の記事を昨日のことのように思い出しますねぇ。
良い試みだと思ったのですが、逆効果になっているとは。。。

ファンで排熱をするのは、2階の気温を下げるには効果がありそうですが、外の湿気が入ってくるのが心配ですね。
室外の湿度を計ってから運転することをオススメします。
潜熱・顕熱でしたっけ?
なんだか記憶が曖昧になってますが、気温が下がれば涼しくなるって訳ではなかったと思います。。。

我が家には、建物内の空気を強制循環させるシステムが入っています。その循環回路は、外と遮断するすることも、開放することもできるものです。
夏場の湿度の高い時期は、ほぼ遮断した状態で運転しており、小屋裏の暖まった空気を床下へ落とし、建物内の温度を平均化する働きをしているはずなのですが、それでも1階よりは明らかに2階の方が暑いです。
自然の力の強さを感じます。

我が家の窓は、2階の一部は高い位置に、1階の一部は北側の極端に低い位置にあります。
この二箇所を同時に開けると、家の中を自然に風が流れます。この時、外に風が吹いている必要はありません。窓も小さいものです。
ただ、防犯面で心配なので、ほとんで開けません。

と、いう訳で、我が家ではエアコンで冷やした空気を家中に送っている毎日です。
冷やした空気が逃げないので、電気代は驚くほど安いです。
結局、効果的にエアコンを使うことが、総合的には良い方法だと思っています。

あ、ガレージの天井には断熱塗料を塗りましたが、その上には居室が乗っていますので、効果の程は???です。

家の話も久しぶりですねぇ。

いつものように、とりとめ無く、なんの参考にもならないコメントですいません。

投稿: shalo | 2011年7月11日 (月) 23時26分

shaloさん!コメント有難うございます!
コンタクトをいただき、もう暑さも屋根もどうでも良い感じです。朝方、携帯にコメントが転送されて来て、ああ良かったと。

さて、換気の件、自然換気の場合の空気取り入れ口を色々と試してみました。当方で体感的に良かったのは、床下点検口の開放です。

たまたまですが、点検口が建物北側の床にあり、すぐ近くに基礎の換気口があるので、2Fの窓を開けると特に夕方以降はそこから比較的冷たい空気が入って来ます。煙突効果のせいかどうか、かなりの勢いで空気が流れるのです。

床下に外から人が入る心配は無いので(笑)、屋根裏の換気扇を付けるとの共に、この床下点検口に網を張った空気取り入れ口を作ろうかと思っています。

ご指摘のとおり、湿度の高い空気を取り込むことになるので猛暑の時期にさっぱりとした涼しさ、というのは幾らなんでも無理だと思います。ただ、「何で外の方が涼しいんだ!」というイライラを少しでも解消できればと思いまして。煙突でも立てれば自然対流をもっと使えるのかとも思うのですが、さすがにそこまでは…。(笑)

全館冷房的なことは試したことが無いので、電気量に余裕があるときに試してみます。思ったほど電気代がかかるわけでもないのですね。遮熱塗料は効果がいまいち不明とのことですが、塗装面の表面温度は他と比べて如何ですか?ぜひ御教示くださいませ。

全くの別件ですが、この暑い夏、ホースを屋根の上にグルグル巻きにしておけば風呂くらい簡単に沸くのでは?というのも、一度は試したいと思っています。

バルコニーにある蛇口からホースを繋いで、屋根の上をグルグル巻きにしながら出口を風呂(当方は2F)へ。それで蛇口をほんの少しだけひねって水を出しておくわけです。

常設の場合見栄えを整えないと妻に怒られますが、実験一回くらいなら良いでしょうから。

何か実験したら順次記事にいたします…。

投稿: otto | 2011年7月12日 (火) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リアシートバックレスト付近異音発生 ~ E38 750iL | トップページ | 「平等」とは常に是認される概念なのか »