« 「平等」とは常に是認される概念なのか | トップページ | グリルの無いBMWはただの車だ(某氏談) ~ E38 750iL »

2011年7月25日 (月)

何を言っているのかと思ってはいたけれど ~ 「直ちにばれることはありません。」

インターネットを徘徊していたらYoutubeで

動画で見る炉心溶融」(独立行政法人・原子力安全基盤機構)

なる動画を見つけました。

画像自体に出所の記載が無いので出元の真偽は不明ですが、今回の事故をよく表現しています。

「3時間後に圧力容器貫通」とのストーリーです。

そもそも、制御棒が入っていると言われてはいたものの、全開で何十万キロワット(家庭用コンロ十万個分)にもなる炉の熱出力をあの小さな容器の中に閉じ込めれば中の温度がどうなるのか。

事態は1日単位よりも遥かに速いスピードで進行すると考えるのが自然です。

逆に、制御不能になっても日単位でしか事態が進行しないようであれば、そんな設備は制御応答性が悪くて使いものにならないでしょう。

私は事故当初、報道で燃料棒が露出したと聞いた時点で私は「既にメルトダウンしている」と思っていましたから、後に国と東京電力が正式に発表した時にも驚きはしませんでしたが、まあずいぶん長い間いい加減なことを言い続けたものです。

また、「解析の結果として貫通まで3時間」という話は事故後かなり早い段階で出ていたように思います。おそらく国に、この動画の元になった何らかの解析資料があるのでしょう。

 

 

排気塔から放射性物質が放出されるシーンの後に続く最後のメッセージには呆れるよりほかありません。

 

最悪の事態に至った場合でも、

住民の方々に安全・安心していただけるよう、

日頃から、防災担当者への訓練を通して、

原子力災害時の対応能力の習熟に努めております。

 

一体どういうつもりでこのようなことを書いているのか。

 

言葉がありません。

|

« 「平等」とは常に是認される概念なのか | トップページ | グリルの無いBMWはただの車だ(某氏談) ~ E38 750iL »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「平等」とは常に是認される概念なのか | トップページ | グリルの無いBMWはただの車だ(某氏談) ~ E38 750iL »