« エンブレム剥落 風と共に去りぬ ~ E38 750iL | トップページ | マンション投資しませんか ~ 電話勧誘 »

2011年2月25日 (金)

政治屋さんの投資ポジションを見てみたい ~ その他思い付き

朝方ふと思ったことです。

究極のインサイダーと言える政治屋さんたちの投資ポジションを見てみたいと思いました。

まあ、何らかのリークに近い方法でしか情報は出ないと思いますが、このご時世、日本国債を売っている政治家が明るみに出たらずいぶん面白いことになるでしょうね。外貨に賭けていたり。

それにしても抜け穴から中を覗くような今の資産公開、真面目にやるならきちんと制度を変えないと。「預金ゼロ」って有り得ないだろと思って調べると、定期預金しか開示しないそうな。普通預金に1,000億円ほど持っていても預金ゼロ。これ、笑うしかありません。

というか、国会議員の給料を国債で払うというのはどうでしょう。

会社と株とストックオプション的な感じで。

少しは国に責任を持った行動をとるのではないでしょうか。

そんなことしたら、少しだけ見直します。

「牢獄の中の囚人に牢獄法を作らせている」現状では、まず無理でしょうが。

 

ついでなので最近考えていること。

無知な人間が完全に思い付きで書いているので真面目に読まれると困ります。

あくまで適当に。

 

① 無駄の削減に何か変わるのか

以前の記事でも書いたとおり、「仕分けショー」なんて見せても、無駄の削減なんかで何が出来るはずもないのです。

政治屋さんたちは「頭の良い人」なので、私のような人間には想像もできないような凄い方法があるのかと、1ppbくらいの割合(笑)で思っていましたが、やはりダメですね。信じた向きには残念でした。

 

②審議拒否は仕事放棄 

かと思えば旧与党も 「審議拒否」 なんて、会社でやったらブッ飛ばされますよ。仕事をしていません。全くしていません。職業に貴賎なしと言うけれどあれは別格。世界で一番恥ずかしい職業です、あれは。

毎日毎回の発言の前にこういう宣誓をしてもらいたいと思うのです。

「私の発言は私利私欲、党利党略に基づかず、広く世の中の利益を基準として行うものです」

利益の境界条件についてはここで議論なし。そこのところよろしく。

 

③比例代表区選挙制度

比例代表区選挙というのは、「党の括りの中で上から順に、決まった数だけ議員に取りましょう」という仕組み。「束にしてしまえばどれを取っても一緒だよ」という、今流行りのインデックス投資のようなイメージ(笑)で選挙コストも安く、悪くないとは思います。「議員ダーツでも選挙でも立法の効果は一緒」てなわけです。

しかし名簿の順位は政党が作り、我々は選挙で「政党」を選ばされるにも関わらず、一旦当選した議員については名簿を作った政党の判断で彼らをクビにできないという仕組みは全く不適当ではないかと。

党の偉い人が「政治家の出処進退は政治家個人がお決めになること」なんて、何を言っているのか分かりません。あなたたちの名簿で出てきた人ですよ。我々は「政党」を選ばされたのだから、その政党の責任で国会議員をクビに出来なくては理屈がおかしいように感じます。で、足りない分は株式インデックスと同じように名簿に従って繰り上げ当選というか銘柄入れ替え。

ついでに言えば、各議員が政党の上役について話す際に敬語を使うのも理解できません。民間の会社の会見で「当社の○○部長はこうおっしゃっておりますので…」なんてやったら本人も会社も再起不能でしょう。

ところが政治屋さんたちは自分の組織の中のことを外に対して説明するのにも「○○幹事長がそうおっしゃっておりますので…」と来ます。私の感覚では到底理解不能。

当選1回の議員が党首についてしゃべる時でも「党首の○○が言っておりますので…」が正解と思うが如何でしょうか。ちなみにこれ、「先生」と呼ばれる種類の人に共通です。サラリーマンの教師を含めて。

議員の場合、最高権力者たる国民に選ばれた人々だからその国民の意思に対する敬意の意味でお互いに敬語表現を使うという主張もあり得るのかも知れませんが、心が歪んだ私にはお互いに特権意識を確認し合って喜んでいる(笑)ように感じます。というか単なる惰性でやっていることで、そんなこと気にしてもいないのかもしれませんね。

 

④国会監視員制度創設

司法の世界の裁判については賛否あるものの裁判員制度なるものが出来たのだから、立法府である国会についてもその運営を国民から無作為に選ばれた人が常時監視する制度を作ってはどうでしょう。

選ばれたらやり放題、最後は解散、仕事を止め、お金をかけて無駄選挙となる前に、その制度で牽制をかけるわけです。真面目に議論しないヤツ、関係ないことを言い出すヤツ、寝てるヤツにはイエローカード、レッドカード、退場、一定期間の資格停止もあり。

選挙で国民の審判を、なんて悠長なことは言わせません。その場で審判して処分。累積で資格停止。立候補も禁止。彼らに都合の良いことはやらせません。厳しく監視し、国会に縛り付けて働かせるのです。

裁判員制度と最高裁判所の国民審査が両立しているのですから、国会議員を直接監視する国民が居てもそれほど無理はないでしょう。論拠の細かいことは抜きにして。

選んではみたものの、その後も仕事をちゃんとやるかどうかを監視する。明らかにそれも国民の責任。というか自分たちのこと。

 

⑤そもそも政治屋さんに何を求めるのか

それから、その国民も、政治屋さんの個人としてのスキャンダル云々くらいでガタガタ騒がないこと。

反体制政治屋さんたちの思うつぼです。

そもそも単なる立法府に宗教指導者に求めるような完璧さを求める意味が分かりません。精神的な「資質」なんて関係ありません。あそこからはまともな製品が出荷されて来れば十分で、性能が出れば良いわけです。どんな人間性の持ち主が働いているかなんて関係ありません。

製品の品質に問題が無い限り、例えばトヨタが違法行為をしたからと言って性能が出れば良いわけです。消費者もそれを求めているのではないでしょうか。国民は法律の消費者。同じことではと思います。

分別臭い顔をして色々言うことは簡単ですが、簡単なことを難しくして煙に巻こうとする人ってどこにでも居ます。単純な真理に基づいて原理原則を守ることのほうが余程難しいでしょう。

政治屋さんに求められるのは私利私欲に影響されずに性能の良い製品を作るってこと。

 

はて、ここに来て気が付きました。

「性能の良い製品」を作るためには、まず求める「性能」を定義する必要があります。

ということは、まず国民が性能定義をしっかりできて真面目に審判出来る必要があるわけです。

つまり勉強せよと。

私利私欲や多少のガタガタに心を揺すられるなと。

 

はい分かりました。

精進します。(笑)

 

思い付きなので文体不統一その他ご勘弁。

それから、真面目に反論されても困ります。

実験が出来ないので「ああそうとも言えますね」としか言いようがありませんから。

 

以上そんな感じで…。

書きたいこと書いてすっきりしました。(笑)

« エンブレム剥落 風と共に去りぬ ~ E38 750iL | トップページ | マンション投資しませんか ~ 電話勧誘 »

日々のこと」カテゴリの記事

自給自足」カテゴリの記事

コメント

kogeは今まで仕事柄色んな政治家と接してきました。それこそ一般の方よりも何十倍も。

その結果「政治家にはろくな人間はいない」です。まあ先生と呼ばれる人間には・・・なのかもしれませんが。

ただその人が仕事ができるかどうかはkogeの立ち位置ではわかりません。あくまで自分への接し方で判断してますから。

でも政治家の仕事ってなんでしょうね。彼らはきっと「選挙に当選するのが仕事」と想ってるのでしょう。

こんばんは。

思い付きでヘンなことばかり書いて、kogeさんには怒られるとばかり思っておりました…(笑)

それにしても、「政権奪還」「政権交代」などということを目的のように演説する彼らを見ると、達成すべき本当の目的以前の目標や手段それ自体が彼らにとっての目的と化しているように感じます。

いや、実際の目的はkogeさんのおっしゃるとおり当選までなのでしょうかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エンブレム剥落 風と共に去りぬ ~ E38 750iL | トップページ | マンション投資しませんか ~ 電話勧誘 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ottoの本棚

  • 徳永幾男: セイコーダイバーズウオッチ進化論 (ワールドムック 1078)

    徳永幾男: セイコーダイバーズウオッチ進化論 (ワールドムック 1078)
    セイコー社が普通に出しているであろう資料を継ぎ接ぎしただけの本。内容に伝説を求めてもパッキンについてもダイバーからの手紙についても同じことを繰り返し書くばかりで何の面白味もない。いかにネタが無いのかを自分で白状している感じ。 技術的な意味での興味からも全く期待はずれ。PTFEの方がガス(He)透過率が低いというデータを載せながら、何故PTFEではない材料を採用したのかの説明もない。(所要最小面圧が理由だろうが) そして、面白くない一番の理由は他社や他社製品との具体的、定量的な比較がないこと。他製品に対する優位性があってこその「進化」だろうに。件のダイバーの手紙に「どれもこれもダメ」と書いてあったという問題提起の話だけで、実際のHe飽和潜水でセイコー製がその問題を解決したのかどうかの裏付けがない。 著者は実績ある時計専門の機械屋さんのようだから出版に当たって名前だけ使われたのだろうと思わずに居られない。 最近で最も損したと思った本に認定。 (★)

  • ウイダー: ウイダー・トレーニング・バイブル (ウイダー・トータル・フィットネス・シリーズ)

    ウイダー: ウイダー・トレーニング・バイブル (ウイダー・トータル・フィットネス・シリーズ)
    10年くらい前に買った本書を再読。紹介されているトレーニング種目は多く、運動競技別のメニューも紹介されている。また、反復可能回数を基準にした重量設定の方法も簡単に紹介されているが、「漸進性の原理」にはほんの一言二言触れているだけで、トレーニングが進んだとき、どのようにウェイトの重量を増やせば良いのかについては殆ど記載がない。唯一、「導入段階のトレーニングプログラム例」の中に「最終セットで15回出来るようになったら2.5kg増す」というような記載があるのみ。確かに重量設定の方法を逆読みすれば目的とする効果が得られる反復回数となるように重量を増やして行くべきということは分からなくもないが一般には分かりにくいだろう。明らかに初心者向けの書籍なのに、その点に関するガイドが不足していることに疑問を感じる。厳密に言うと用い方が違うとしても、8×3法なり5×5法なりのような、分かりやすいウェイト重量調整の判断基準が欲しい。ウェイトを増やして行くこと自体が目的にかなり近いことであって、他のことはその手段なのだから、ウェイトの増やし方には章をひとつ割いても良いくらいだと思うので。 (★★)

  • クリス アセート: 究極の筋肉を造るためのボディビルハンドブック

    クリス アセート: 究極の筋肉を造るためのボディビルハンドブック
    内容は運動強度と栄養摂取に関する原則に特化しており、個別の運動についての詳細は含まれていないので注意。挿絵以外に図表は含まれない。 (★★)

  • マイケル ルイス: フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち

    マイケル ルイス: フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち
    読書中

  • バートン・マルキール: ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉 ―株式投資の不滅の真理

    バートン・マルキール: ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉 ―株式投資の不滅の真理
    主張には一貫性があり差し替えられた最新のデータに対しても矛盾がない。最高のリターンを得るためにベストな方法ではなく、普通の人が十分な(とは言えかなり良い)リターンを得られる可能性が高い方法を明確に示している点で個人投資家にとって最良の書ではないだろうか。株式、債券の範囲で投資を始めるなら、まずは歴史に裏打ちされたこの本を読んでからにすべき。投資窓口で投資商品を販売する方々も、この本を読んでから個人投資家に接すれば無駄な問答が無くなるように思う。まあ、そんなことをしたら彼らが自己矛盾に苦しむことになるが。 (★★★★★)

  • フレデリック ドラヴィエ: 目でみる筋力トレーニングの解剖学―ひと目でわかる強化部位と筋名

    フレデリック ドラヴィエ: 目でみる筋力トレーニングの解剖学―ひと目でわかる強化部位と筋名
    主な筋肉については起始と停止位置がその筋肉単独の状態で図解されているが、せっかくなら運動状態の図についても、その運動が主題にする筋肉だけを単独で図示してほしかった。その方が、その筋肉がどのような方向に力を発揮するのか、どのような方向に動作すれば筋肉に効率よく刺激を与えられるのかが分かりやすくなるように思う。筋肉の起始と停止位置が分からない図であれば、なにも表皮を剥いで筋肉を露出させた状態で運動の様子を描く必要がないのでは。 (★)

  • 荒川 裕志: プロが教える 筋肉のしくみ・はたらきパーフェクト事典

    荒川 裕志: プロが教える 筋肉のしくみ・はたらきパーフェクト事典
    筋肉が骨格と共に各々単独で図解されており筋肉の骨格への付着(起始,停止)位置が分かりやすい。図を見ればどのような動作が筋肉に刺激を与えるのかが想像できる。同シリーズのトレーニング編にも興味が湧いた。 (★★★★)

  • ウイダー: ウイダー・トレーニング・バイブル (ウイダー・トータル・フィットネス・シリーズ)

    ウイダー: ウイダー・トレーニング・バイブル (ウイダー・トータル・フィットネス・シリーズ)
    (★★★)

  • 世界文化社: Octane日本版 Vol.12 (BIGMANスペシャル)

    世界文化社: Octane日本版 Vol.12 (BIGMANスペシャル)
    素敵なグラビアを堪能。 (★★★)

  • 世界文化社: オクタン日本版特別編集 VANTAGE (BIGMANスペシャル)

    世界文化社: オクタン日本版特別編集 VANTAGE (BIGMANスペシャル)

Shops

  • Ride Out KAWASAKI 専門店
    友人である長谷川氏のバイクショップ。 杉並区善福寺一丁目青梅街道沿い。 KAWASAKI中心に取り扱い。

家作りリンク

家作りガイド

  • 住まいの水先案内人
    家作りに関する技術的な解説、資料、コツ、そして注意点が盛りだくさんです。非常に多くの内容が含まれていますが、それらが分かりやすく整理されています。このサイトを隅から隅まで読んで家作りに着手すれば余程のことがない限り致命的な問題が発生するようなことは避けられるのではないでしょうか。特定の工法、業者に傾いた解説も見当たらず、非常に良いサイトだと思います。
  • 建築家による1000問答の建築よろず相談
    基本的には建築に関係する相談のサイトです。建築士等によるQ&Aが充実しています。運営主体の性質上、建築士による建築計画・監理を強く推し、そのメリットを強調しています。

トレーニング

  • AthleteBody.jp
    このサイトのおかげで腹筋を割ることができました。無料サイトであるにも関わらず「ダイエットと筋肉トレーニングにおいて本当に必要なこと」が強調され、非常に有益な情報が提供されています。 夏前になると「6パックを手に入れる」的な特集を繰り返し組んで、色々な運動を羅列しただけの雑誌を買うのがバカバカしくなります。 多くの雑誌では、運動の優先度、そして何より時間軸でのトレーニングの進め方が載っていません。 「10回繰り返せるくらいの負荷で3~5セット行う」という書き方をしていることが多いのですが、「じゃあ、今日50kgのウェイトで10回3セット出来たとして、次回もその次も同じようにすれば良いの?」という疑問には答えてくれないことが殆どです。 読者がそう言った疑問を持たなければ毎回同じ負荷で同じことを繰り返し、つまり体は変わらない、ということになるわけで、記事として非常に中途半端であり不誠実です。 全員が6パックになってしまうと雑誌が売れなくなるので大事なところを端折っているのかも知れませんが。 このサイトでは、「行うべき基本」はシンプルで明確なので実行も容易。非常にお勧めです。
無料ブログはココログ