« ウォッシャータンクの掃除 ~ E38 750iL | トップページ | OSV(Sucking Jet Pump)の交換 ~ E38 750iL »

2011年1月15日 (土)

フィルターの交換 ~ E38 750iL

Img_9572

車を購入してすぐ行った作業ですが記録のため記事にしておきます。エアコンの外気導入フィルターとエンジンエアフィルターの交換です。 

E38のボンネットにあるルーバーはエアコンの外気導入のための空気取り入れ口で、エアフィルターはボンネットの裏側に取り付けられています。フィルターの交換は非常に簡単。ボンネット裏にあるフィルターケースの蓋を開けて中を入れ替えるだけです。

Img_9576

取り外した旧品と新品です。もちろん白いほうが新品。旧品の表面にはタンポポの穂綿のようなもの、葉っぱ、その他色々なものが付着していました。なんだか喉が悪くなりそうです。

この汚さだと新車から1回も交換されていないかも知れません。メーカー指定の交換時期は調べていませんが、見た目からして明らかに交換時期を過ぎています。

Img_9578

フィルターの裏面はもともと黒っぽいので差が分かりません。

Img_9580

新しいフィルターをフィルターケースに収めたところ。これで車の中がさわやかになることでしょう。もうひとつ内気循環用のフィルターがあるのには気が付かないことにしたいところですが、外気用のこのフィルターの様子を見ると…交換せずにはおけません。

Img_9590

次はエンジンの吸気フィルター、エアクリーナーです。まずフィルターを外そうとしてフィルターハウジングとエアフロの接続部にあるクリップが外れているのを発見。

Img_9589

さらにフィルターケースを開けるとフィルターがきちんとはまっていないのを発見。

一体誰がこういういい加減な作業をしたのか。このレベルの作業で今まで何を触ってくれたのか色々なところが心配になってきます。

Img_9582

取り外したエアフィルターです。上が旧品、下が新品です。見かけでこれくらいの差があると交換して良かったと思えます。(笑)

Img_9584

裏面です。裏面でも明らかに差があるということは相当汚れているのでしょう。

交換後、エンジンの吹け上がりが明らかに良くなった…ということは当然ながらありませんでした。まあ、NAのノーマルエンジンですから当たり前。

K&N等の純正交換タイプも一瞬は考えたのですが、過去の経験上、カムを換える等のメカニカルな改造をしない限り体感できるような差は出ないので見送りました。洗浄の手間も増えますし。

というわけで、今回は「気分な作業」のレポートでした。

|

« ウォッシャータンクの掃除 ~ E38 750iL | トップページ | OSV(Sucking Jet Pump)の交換 ~ E38 750iL »

コメント

たびたび登場です。

しかし、そのエアフィルタスゴイですね。
Σ(゚д゚;)
走る場所にもよりますが、工業地帯ばかり走って5万km無交換ぐらいでしょうか???
その状態だと、ジャバラの内側、エアマス周り、スロットルのフラップ周りも結構真っ黒ではないでしょうか?
(;;;´Д`)

これからいろいろできて、楽しそうです。
(o^-^o)

投稿: アンピン | 2011年1月16日 (日) 10時21分

アンピンさんおはようございます。
フィルターがまっ黒になって働いていてくれたので(?)、それ以降の部分は比較的まともでした。以前は東京の車だったようで、きっと新車から6万キロまで無交換で走破!だと思います。(笑)

現在のテーマは左前ドアの中、あるいは助手席方向からの異音(ギャップ通過時にカコン)です。助手席側なのでなかなか発生源が分からず…遊んでいます。

投稿: otto | 2011年1月17日 (月) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウォッシャータンクの掃除 ~ E38 750iL | トップページ | OSV(Sucking Jet Pump)の交換 ~ E38 750iL »