« ビデオ公開 | トップページ | ウォッシャー完治せず ~ E38 750iL »

2010年11月 8日 (月)

ウォッシャーの水が出ない件 ~ E38 750iL

Img_0238

E38のウォッシャー液が出なくなりました。ウィンドウウォッシャー液、次いでシリコンリムーバーの両方です。

モーターの音がしても水が一瞬ピュッと出ておしまい。それでもヘッドライトウォッシャーは出ています。

補充したばかりだったのですが、念のためタンクに水が入っているのかどうか確認したところ、ウォッシャー液は注ぎ口まで完全に満タン。しかし、エンジンルームにあるシリコンリムーバーのタンクは何故か完全に空でした。

タンクが割れたのかと思って水を入れると、ポンプモーターの付け根から水漏れが。

ポンプモーターとタンクとの間に入っているパッキンの隙間からの水漏れです。部品を取り寄せるのも面倒なので、今回は取り敢えずシリコンコークで補修。まあ、しばらくはもつでしょう。

 

次にウィンドウウォッシャーです。

E38のタンクは右フロント後ろ側のインナーフェンダーの中にあります。タンクには大きいポンプと小さいポンプが取り付けられていて、おそらく大きいほうがヘッドライトウォッシャー、小さいポンプがウィンドウォッシャー用です。

小さいほうのポンプを引っこ抜くと、いきなり原因が分かりました。

ポンプの吸い込み口に付けられたフィルターが、風呂の水垢というか、水槽の藻というか、そいう感じのもので完全に詰まっていました。これではポンプが水を吸えるはずがありません。

前のオーナーはウォッシャーをあまり使わなかったのでしょうか?

さっそくフィルターを掃除し、念のためパッキンにシリコンコークを塗って組み付けました。

ついでに大きいほうのポンプ(おそらくヘッドライトウォッシャー用)を引き抜いたところ、同じタンクの水を吸いながらも何故ヘッドライトウォッシャーには問題が起きなかったのかが分かりました。なるほど、こちらにはフィルターがないのです。

おそらく、ウォッシャー液とシリコンリムーバーについては、液に異物が入っているとワイパーでガラスに傷を付ける心配があるためにフィルター付き、ヘッドライトウォッシャーについては異物が混じっていてもヘッドライトに噴き付けられるだけで大した問題にはならないからフィルターなし、ということなのでしょう。

テストの結果、ウォッシャーはすべて機能回復。

今回はお金もかからず何よりでした。

 

とはいえ、何故2つもあるウォッシャーシステムが同時に、水漏れ、異物の詰まりという、それぞれ違う理由でダメになるのか…。

「たまたま」なのですが、なんとも不思議です。(笑)

|

« ビデオ公開 | トップページ | ウォッシャー完治せず ~ E38 750iL »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビデオ公開 | トップページ | ウォッシャー完治せず ~ E38 750iL »