« フロアマットがいまひとつ~E38 750iL | トップページ | エンジン警告灯~ E38 750iL »

2010年10月 1日 (金)

冷却水ホース交換~ E38 750iL

Img_0165

E38のラジエターホースを交換しました。

Img_0170

以前から一定間隔でクーラントレベル低下の警告が出ており、水を注ぎ足し注ぎ足し走っていました。何処からか漏れているのだろうと思っていたところ…。

Img_0169

発見しました。 冷却水の「湯の花」です。

この下にはオルタネーターが。水冷式とはいえあまり芳しくありません。

Img_0173_2

ホースとカプラーの接続部分がホースバンド式ではないので増し締めでは対処できず、「エンジン警告灯」の件でディーラーに行ったついでに新品のホースを購入。

需要が多い(よく壊れる)部品なのか、営業所に在庫がありました。価格6千数百円。分岐があるので1万円台を覚悟していたのですがラッキーでした。

接続は全てOリングを使ったカプラー式になっていました。ホースに切れ目を入れて取り外す等しなくて良いので便利です。古い車だとホースが硬化していて外れにくいこともありますからね。(おっと騙されちゃいけません。交換する必要が無いことが最良なのです。)

Img_0174

上のほうが古いホースです。中にはスケールがこびりついていました。硬度の高い水と低濃度のクーラントで使われていた結果かも知れません。近いうちに洗浄を検討します。

Img_0175

新旧の比較です。ホースの材質(EPDM)もカシメの構造も変更はないようです。ということは、10万キロを超える頃、また交換が必要になるわけですね。

よく見ると、古いホースの樹脂カプラー部分は若干脱色気味。樹脂も劣化しているのでしょう。ホースも膨らんでしまっています。カプラーの割れ、ホース抜けなどということが起こるのかどうか分かりませんが、安心のためには、他のホースも早めに交換しておいた方が良さそうです。

ホースの接続がカプラー式であることもあって、交換作業は簡単でした。他の部分を分解する必要もありません。エンジン側のカプラーは少々入れにくいので、簡単に外せるならエンジンファンを外すとさらに楽かも知れません。

水抜きも特に難しいことはありませんでした。E32のようにエキスパンションタンクがエンジンよりも上にあるというエア抜きについて理想的な構造ではないものの、ヒーター全開でアイドリングさせるだけで問題ないようです。

 

Img_0172

その他、ホース交換でエンジンルームをいじっていると、オイルフィルターユニットがガタガタしているのを発見。

Img_0171

マウントが2個とも千切れてしまっていました。たまたま寸法の合うマウントの手持ちがあったのでさっそく交換。自動車用のマウントではありませんが、しばらくの間はもつでしょう。

 

Img_0142

車とは全然関係ありませんが、ある日家に帰ると道路の縁に黒い物体が。

Img_0144

うちのあたりを徘徊している黒猫です。

私が横に車を止めてカバンからカメラを出して…などとやっているのもお構いなし。

妻がゴミ袋で押しても無視するそうです。

 

いつかいじめてかわいがってやろうっと…。(笑)

|

« フロアマットがいまひとつ~E38 750iL | トップページ | エンジン警告灯~ E38 750iL »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フロアマットがいまひとつ~E38 750iL | トップページ | エンジン警告灯~ E38 750iL »