« LCDドット欠け・バックライト不点灯の修理(作業編)~E38 750iL | トップページ | ナビDVD ROM研磨修正~E38 750iL »

2010年9月10日 (金)

LCDドット欠け・バックライト不点灯の修理(動作確認編)~E38 750iL

さて、メータークラスターの修理作業、丁寧なマニュアルのおかげで特に問題なく作業を終えることができました。

ただ、大事なのは言うまでもなく直っているかどうか、です。

いや、直っているかどうか、という以前に、もしかしたら何処かを壊して、以前よりもさらに悪い状態になっているかもしれません。

初めての作業ですから十分にあり得る話です。

動作確認、緊張します。 

 

兎も角は作業を終えたメータークラスターを車両に取り付け…

 

 

運命のキースイッチを…

 

 

 

 

果たしてDIYの結果は!!

 

 

 

 

 

・・・・・ 

 

 

 

 

「キースイッチオン!!! 」

 

 

Img_0085_2

 

「うわああああああああああ!!!!」

 

 

なんと

 

衝撃の全滅!!!

 

全てのLCDが真っ暗!!!

 

1ドットたりとも表示されません!!!

 

(号泣)

 

 

 

惨敗です。(泣)

 

ああ、やはり私には無理だったか。

 

お店に出すべきだったか。(泣)

 

これで十数万円の出費か。

 

いや、表示くらい見えなくても車は走る。

 

諦めよう…。

 

 

 

ガレージでガックリと膝をつく私。 

後悔と慙愧の念に押し潰されそうです。

 

夏の暑さが堪えます。

 

 

と、そのとき、私の目にあるものが飛び込みました。

 

 

 

「あ、バックライトの電球入れ忘れてた。」(爆笑)

 

 

 

気を取り直し、電球を入れて車両に取り付けます。

 

今度こそ…

意を決してキースイッチをオンにすると…!! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_0085

「おー まい ぴくせるず けいむ ばっく !!!」

「はろー ぶらいと ばっくらいと !!!」

 

かなりドキドキしましたが、なんとかLCDのドット欠けとバックライトの修復に成功したようです。

時間表示の最下位桁真ん中縦1ピクセルのみ表示されていないのは素人作業のお愛嬌ということで。

 

Img_0093

表示確認後、フレキシブル基板と一緒に購入したメーターリングと合わせてクラスターを組み込みました。メーター周りが少し今風になったようになったように思います。

 

 

ところがです。

るんるん気分(最近言いませんね)で試運転に出かけたところで問題が。

なんとスピードメーターが動きません。

いや、回転計ならまだしも、スピードメーターはまずいでしょう。

きっと車検も通らない…。

 

「まずいぞ、まずいぞ…」

と思ってよく見ると、

指針がゼロ置針のピンよりも下にありました。(笑)

これでは動くはずがありません。

Img_0086

作業中の写真を見直すと、この段階で既に針の位置がピンを越えています。

 

どうやら作業中に指針を曲げてピンを越えさせてしまったようです。

再度分解して針の位置を直したら復活。

危ないところでした。

 

さらに…。

試運転後、メーター取り外しで設定が消えた日付、時間を設定しようとしたところ、時間表示は普通に設定できたのですが、「2010年9月2日」という日付が保存できず、何度やってもコンソールとナビ画面の日付表示が「10/--/--」という表示に。

「今度こそ壊したか?」

と思いつつ色々試したところ、一旦大昔の日付を設定した後で「2010年9月2日」を設定すれば保存できることに気が付きました。

コンピューター、何だか良く分かりません。

 

そしてその後、予期せぬ良いことが。

 

Img_0103 

なんと、修復しきれなかった最後の1ピクセル(列)も表示されるようになっていました!

基板が馴染んだのか何なのか、実にラッキー。

もう完璧です。

もちろん理由不明で起こったことは理由不明のまま、またダメになる可能性もあるわけですが、当面は良い気分!

 

 

さて今回のDIYのまとめです。

このネタ、自分としてはかなり楽しめました。

特に難しい作業も必要なく、このまましばらくでも使えるのであれば、費用対効果はかなりのものかと思います。

壊すのが恐くない方、壊してしまったらいつでも新品を買えるよという方にはお勧めです。(笑)

 

ところで、同じ症状を抱える車のオーナーさんはたくさんいらっしゃると思いますが、今回部品を手配したハンガリーの業者さんへのリンク、少なくとも私が検索した範囲では日本のサイトからのリンクはないようです。

あらためてこの業者さんへのリンクを張って、記事を終了します。(アフィリエイトではありませんよ)

LCD pixcel failure repairs

(英文ページ)

 

それでは~。

 

(おわり)

|

« LCDドット欠け・バックライト不点灯の修理(作業編)~E38 750iL | トップページ | ナビDVD ROM研磨修正~E38 750iL »

コメント

素晴らしい!

スキルもですが、海外とのやりとりやしたことのない作業をやってしまう度胸。オイル交換もできないkogeは一体・・・一応立派な!?ガレージもあるのに。

ヤフオクさえできないkogeには天上の人です。

ああ、森伊蔵売りたい(笑)

投稿: koge | 2010年9月10日 (金) 22時33分

kogeさんこんばんは。

森伊蔵はお気に入りの貴重なものなのではないのですか?
早く飲んでしまわないと!

作業は何はなくとも「当家で言う勇気」、一般で言う「蛮勇」だけで突き進んでおります。E32で痛い目にあったのに…。

失敗すると精神衛生上宜しくないので、お店に面倒を見てもらえるなら本当にその方が良いと思います!

投稿: otto | 2010年9月10日 (金) 23時12分

お~!直りましたかっ!
さすが!

ottoさんは、ドット欠けに悩むオーナー達の救世主です。(笑)

わたしもやりたいんですがね。。。
XmのLCDはメータークラスター内だけでなく、コンソール部(インスツルメントパネル?)にもあり、わたしのは両方に不具合が出てるんですよ。
なので、LCDの摘出作業がかなり面倒そうで。。。
ただ今情報収集中です。

投稿: shalo | 2010年9月12日 (日) 00時39分

shaloさんこんにちは。
なんとか直りましたよ~。
摘出困難、想像できます。私は内装のバラしが苦手です。クリップ固定が多く、どう固定されているのか分からずに力を入れると壊れたりするからです。
XmのLCD部分の作業については、ここに若干の情報がありそうですね。
ページ本体はLoginが必要なのですが、Googleキャッシュからは見られるようです。
うまく行くと良いですね!

投稿: otto | 2010年9月13日 (月) 08時57分

おおっ!
こういうページを探していたんですよ。

でも。。。英語ですねぇ。
とりあえず、暇をみて翻訳してみます。

ありがとうございました。
さすが救世主!(笑)

投稿: shalo | 2010年9月14日 (火) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LCDドット欠け・バックライト不点灯の修理(作業編)~E38 750iL | トップページ | ナビDVD ROM研磨修正~E38 750iL »