« 久しぶりに肉~ザ・カウボーイハウス | トップページ | 畑のその後~ぼちぼちです »

2009年11月 3日 (火)

「とても参考になる」~気になる日本語

「ありがとうございます。とても参考になりました。」

よく見かける表現ですが、私はどうしても違和感を感じます。

辞書をひくと、

【参考】(名)スル

(1)考えをまとめたり、物事を決める際に、手がかりや助けとすること。また、その材料。

「前例を―にする」

(goo辞書より)

とあるので、表現として間違いではない模様。

ただ、例えば目上の人、あるいは親しくない他人から重要な示唆や教示を受けた場合にこの表現を使うのは、果たして正しいのでしょうか。

「ありがとうございます。とても勉強になりました。」

と比べると、「参考」は明らかに

「まあ聞いたよ。」

「ふん、そういうこともあるんだ。」

「私の求めた答えとは違うけど、まあ参考程度に。」(笑)

的な語感を感じませんか?

昔からとても気になるのです。

そんな訳で、私は「参考」という単語を

「ご参考まで。」

「ご参考ください。」

という、謙った表現にしか使いません。

私の考えすぎでしょうか?

以上、結論のない記事で申し訳ございません。

|

« 久しぶりに肉~ザ・カウボーイハウス | トップページ | 畑のその後~ぼちぼちです »

コメント

ほほぉ。
難しいですねぇ。

きっと「参考」にした結果、その教示の延長線の行動を取った場合には肯定的な印象で
反対の行動を取った場合には否定的な印象になるのでしょうね。
100%悪い意味では無いように思います。

でも、ottoさんのおっしゃるように、『言葉としては聞いたけど、俺の考えとは違うんだよね。』というような感触をわたしも感じるんですよ。
何故でしょうね???

投稿: shalo | 2009年11月 3日 (火) 21時41分

shaloさんこんばんは。
まあ、私が意識しすぎなのかも知れません。

書かれているとおり、発言者のその後の行動で印象が変わるということは間違いなくあると思いますしが、もちろん、悪意があって使っている言葉では決してないと思います。

言われてみれば、「○○を参考に、~しました。」と言うのなら、何も嫌な気持ちはしません。

そうなると、「言われたことの延長線上にない行動」をとる場合には「勉強になります」と言ったほうが角がったないということでしょうか。難しいものですね~。

投稿: otto | 2009年11月 7日 (土) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりに肉~ザ・カウボーイハウス | トップページ | 畑のその後~ぼちぼちです »