« 「とても参考になる」~気になる日本語 | トップページ | アスベスト規制~ミサイルの安全性について »

2009年11月 3日 (火)

畑のその後~ぼちぼちです

Img_9069_2

こちらは10月初旬の畑の状況です。記事を書くのを忘れていました。(笑)

まずはニラ。これは良い作物です。切り取っても切り取ってもどんどん葉っぱが出てきます。ニラ玉にするととても美味。根っこが強く、土も選ばないらしいので、ニラが好きな方にはお勧めです。害虫が付かないのも良いですね。

少し前に、増産を狙って更に種を蒔きました。今はまだ毛のような芽ですが、春までには大きく育つことでしょう。

Img_9070_2

こちらは妻のアスパラガス。根っこの塊を買ってきて植えたものです。数年は株に力を蓄えさせるために収穫せずに茎を伸ばし放題にしておくものだそうです。茎の部分が確かにアスパラガスなのがお分かりいただけるでしょうか。

Img_9077

横方向の畝が手前から、キャベツ、大根、白菜。奥の右から3本は義父の畝です。私がトウモロコシを作った後の場所なので、土は少々元気になっているはず。

Img_9078

これはキャベツの芽。キャベツ好きとしては、けっこう期待しています。その後の生育が悪かった件については既に記事にしてあります。

Img_9072

こちらはソラマメ。

Img_9073

せっかく芽が出てきたのですが、ある日見に行くとあとも形もありません。

枝豆の栽培をしたときに、豆っぽいものは鳥が食うことを学んだ私たちでしたが、芽が出てきたことに油断した妻が寒冷紗を外したところを、改めて鳥に食われたようです。

「掘ったけど何も無かったよ」

とは妻からの報告です。(泣)

この後、改めて種を蒔きなおし、且つ、ポットで苗を育て始めました。 

Img_9076

ニンニクです。

無類のニンニク好きとしては、数百円で買ってきたニンニクが何倍にも殖えるというのはとても魅力的です。

収穫はほぼ1年後になるようです。

Img_9081_2

こちらは、ほうれん草。pHが合わないからか生育がいまいちなので、苦土石灰をしっかり入れて別の場所に作り直しました。そちらは発芽も揃って良い感じです。秋冬なので私が思うより生育が遅いのかも知れませんが。

Img_9082_2

こちらは¥100に値下げされていた時期外れのジャガイモです。丸ごと植えたものはきちんと芽が出てきましたが、切った種芋は腐ってしまいました。切ったあと何の処理もしなかったのがいけなかったのでしょう。

Img_9083_2

ここは試しに自家製の未熟堆肥を大量に入れてみました。根菜類だと又根や病気などの原因になるそうですが、ジャガイモの場合はどうなのでしょうか。

Img_9085

ネキリ虫のおかげで全滅の勢いだったゴボウはなんとか収穫を迎えました。

Img_9087

掘るのは結構な手間です。根は、耕した深さよりも遥かに深いところまで伸びていました。次に作るときには意地のように深くまで耕さなければならないようです。

Img_9091  

ネキリ虫にやられて数が減ったところを植え替えて集めたためか、枝分かれが多くなってしまいましたが、味としては明らかにゴボウです。売っているものよりも明らかにゴボウ的な味でした。

色々勉強できたので、来年はもっと良い作物ができる…はずです。(?)

|

« 「とても参考になる」~気になる日本語 | トップページ | アスベスト規制~ミサイルの安全性について »

コメント

ジャガイモを植える時には、種芋を半分ぐらいに切って、切断面に灰をまぶしましょうね。
小学校のときにやりませんでしたか?
こういう授業はわたしのような田舎者だけなんでしょうか。。。

投稿: shalo | 2009年11月 5日 (木) 21時08分

shaloさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

小学校だったかどうか忘れましたが、私もやりましたよ!

「知ってはいたがサボッた」というのが理由です。(笑)

そして今回、「やらなかったらどうなるか」「何故やるか」について実地に体験してしまいました・・・。やはりサボってはいけないのですね。(orz)

投稿: otto | 2009年11月 7日 (土) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「とても参考になる」~気になる日本語 | トップページ | アスベスト規制~ミサイルの安全性について »