« ブレーキのこと(2)~E32 750iL | トップページ | Palm復活 »

2008年2月 2日 (土)

車のTCO~km単価

何かの設備について一定の期間、その設備を導入し、運転し、最後に廃棄するのにかかる総費用をTCO (Total Cost of Ownership) と呼ぶそうです。

家庭などでは初期投資への注目度が大きくなりがちで、後の維持費まで含めたTCOが製品選択の目安にされることは必ずしも多くないとか。

であれば、というわけでもないのですが、話のネタに、車のTOCを考えてみました。

条件としては私の車、E32 750iLを新車購入後15年で9万キロ走行したものとしました。1日あたりの走行距離は平均25キロ、燃費6km/L、ガソリン価格は変動の真ん中あたりを狙って大まかに1リットル当たり120円としました。(その他、設定はかなり適当です ^^;)

新車購入からその後の維持にかかる費用は・・・

① 車両価格 約1,300万円
② 燃料代 90,000km÷6km/L×120円/L=180万円
③ 自動車税 9万円×15年=135万円
④ 重量税 2.5万円×15年=75万円
⑤ 保険 (自賠責3万円+任意7万円・16等級車両保険無し)×15年=150万円
⑥ 車検 10万円×7回=70万円
⑦ タイヤ 10万円×2セット=20万円

総費用はなんと・・・驚愕の1,930万円(!)です。

いや、何と言っても車両の値段が効いていますね。

いくら燃費が悪いといっても燃料代など総費用の10%にも達しません。自動車税+重量税にさえ負けてしまう(?)とは意外でした。

そして注目の走行1kmあたりの単価は・・・

1,930÷90,000km=214円/km

です。

ここで疑問。

『これだけ払うならタクシーを使い続けたほうが安いのでは・・・?』

 

ということで次回はタクシー代との比較です。(笑)

|

« ブレーキのこと(2)~E32 750iL | トップページ | Palm復活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブレーキのこと(2)~E32 750iL | トップページ | Palm復活 »