« 記念ODO | トップページ | 天井断熱材発注~ロックウール25K 100mm »

2008年1月18日 (金)

家電リサイクル法

先日、大手家電量販店が『リサイクル料金を受け取っておきながら引き取った家電をリサイクルせずに売却していた』ということが問題になりました。

しかし、私はこの件に関して少々違和感を感じました。

もしも本当に『売却→リユース』されていたのなら、その製品を最小限のエネルギー消費で再利用したということになりますよね。

まだ使える製品を無理にメーカーに壊させることで余計なエネルギーを消費するよりは、本来の意味での『省資源』『省エネルギー』になっていると思うのですが・・・。

もちろん、法律に定められた取り扱いから外れたということは問題なのですが、それであれば、仕組み自体がおかしいのではないかと。

本来の目的を忘れているような気がするのは私だけでしょうか。

極論を言えば、エネルギー節減率の高いごく一部のリサイクルシステム以外のリサイクル産業が営利事業として成り立つこと自体がエネルギーの無駄遣いをしているように思えます。

コスト=エネルギーなのですから。

|

« 記念ODO | トップページ | 天井断熱材発注~ロックウール25K 100mm »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 記念ODO | トップページ | 天井断熱材発注~ロックウール25K 100mm »