« 久しぶりにディーラーへ | トップページ | 速度取り締まりのこと »

2007年11月17日 (土)

スピード違反のこと

先日、テレビの警察密着レポートものを見る機会がありました。熟練の警察官が速度違反の車両を取り締まる様子をレポートしています。

確かに危険を伴う大変な仕事だと思います。違反を認めようとしないドライバーとのやりとりを冷静にこなす警察官には畏敬の念を禁じえません。

しかし…です。

たまたま警察官の目についた違反者を1件ごとに人の手で検挙することが、果たして交通事故関係負傷者を減らすという最終目標に対してコストパフォーマンスも含めて効果的と言えるのでしょうか。そして、なぜ"全ての運転者が"速度規制に違反するのでしょうか。

同じ運転技能の運転者が自動車を運行した場合、速度が増すほど事故における被害が増すということは、どのような考察によっても疑う余地のない事実です。仮に、衝突速度が10km/hくらいまでならば致命的な被害が生じる可能性は極めて低いでしょう。一方、衝突速度が50km/hにもなれば、その可能性が極めて高くなることは明らかです。

ですから、傷害の発生を防止するという観点において、車両の走行速度を制限するというのは極めて合理的なことです。

ただ、それを目的として速度の規制を実現しようとするのなら、もはや特別予防としての取り締まり以外にいくらでも手段があります。

どうせコンピューター制御の車ばかりなのです。スピードリミッターを100km/hに設定すれば良いことです。RB20の頃の日産車であれば、今まで180km/hリミッターのために「5A」と書いていたアドレスを「32」と書き換えるだけです、コストは一切かかりません。

公道上では法律によって、あらゆる自動車の最高速度は100km/hを超えることはできないのですから、多少の誤差を考えても、リミットを120km/hに設定するすることに異論を唱えることはできないはずです。それなら「3C」と書けばよいでしょう。

或いは、とにかくそこらじゅうの道路にオービスを設置しまくるのです。メーターの誤差を考慮し、それぞれの制限速度を5km/h越えたら撮影。検察から車の使用者に呼び出しが来ます。使用者がに呼び出しに応じなければ所有者を罰します。所有者も呼び出しに応じないようであれば、その車の車検を更新できないように処置します。

こうすれば極めて"公平"です。違反の取り締まりを自動化すれば人件費も浮かせます。オービスだって談合を止めて大量生産すれば1台100万円以下でできるでしょう。恩給を考えれば、警察官の人件費の1ヶ月分くらいではありませんか?警察の経費が減れば税金も減らせます。悪いことなど何もありません。(笑)

もちろんこれは警察の決めることではなくて立法府が取り扱うべき事項ですが、何故このような簡単なことを法制化しないのでしょうか。

要するに、本当は必要性もないし、やる気もない、あるいは誰かが利権で儲けているのでしょう。あらゆる法令違反のなかで、速度違反ほど違反率の高いものはありません。高速道路で3割~5割、一般道ではほぼ100%が違反車両なのですから。

合理的な根拠に基づいて規制をやるならやる、やらないならやらない。「捕まるのは運が悪い」的な発想を払拭するつもりがあるなら、ここのところをはっきりするべきでしょう。

GT-RがGPSで場所限定リミッター解除なんて言っていますが、輸入車は昔から210km/h、250km/h、あるいはリミッター無しです。国内メーカーだけに偉そうに指導して輸入車は野放しというのはどういうことでしょうか。ニュルでポルシェターボを…なんて言いながら、きっちりと日本らしく、西欧列強には甘いんですね。

制動性能にしても、国交省の基準は全般にものすごく甘いわけです。その基準ほど止まらない乗用車など、今の時代にあるわけがありません。それなのに、乗用車としてはあり得ない制動性能に合わせて作られた(と思われる)基準で全ての自動車の制限速度を決めるなどということは、全く合理的ではありません。

速度規制についての取り締まりの活動は、とにかくコストパフォーマンスに優れないことをやっているというのが私の印象です。

« 久しぶりにディーラーへ | トップページ | 速度取り締まりのこと »

」カテゴリの記事

コメント

管轄の違うお役所仕事の典型例ですね。 司法・立法・行政と同じように規制を決める側と取り締まりを行う側がそれぞれ管轄が異なりお互いに協力されていない事や車両の製造者責任といった部分にまで踏み込んだ事をしようとしない事が歪みを生んでいるのではと思います。

速度違反に限らず違反については一般的に減点や免許の使用制限の他に反則金や罰金が科せられます、しかしそれらの中の「行政処分」の意味合いを理解している人はあまり多く有りません。 処罰を受けている先が異なるんですよと言っても「???」です(笑)

違反についても同様で軽度と重度の理解もあまりされていません反則金と罰金もご存知のように異なります刑としての処罰、いわゆる前科と同じ事になるのですが当事者には罪人としての意識はありません単なる「違反」としか感じていないのです。 ですからテレビを見ていても飲酒運転者が罪の意識が薄いのはうなずけます、飲酒者は例外無く一度服役刑務という事になれば世間的にも飲酒運転は犯罪なんだと認知されるのでしょうが今は皆「運が悪かった、違反で捕まっちゃった」と思っている訳ですね。

警察予算には反則金の水揚げが入っているそうですから、彼らにとっては単なる集金業務なのかもしれないですね。

個人的には「運が悪かった」で終わってくれている方がありがたいですが(笑)。

たけさんこんにちは。

製造物責任対策で車にPLシールが貼られるようになったら面白いでしょうね。

「アクセルを踏みすぎると重大な事故につながるおそれが・・・」「ハンドルを回すと重大な事故につながる恐れが・・・」「急にブレーキを踏むと・・・」「メーターを見すぎると・・・」「排気ガスを吸い続けると・・・」「タイヤに踏まれると・・・」「エアバッグに近づきすぎると・・・」などなど、車中がPLシールに。(笑)

以前に産業機械を作っていたとき、あまりのPLシールの多さにバカバカしくなったことがあります。車の場合は免許制度でそのへんの教育が済んでいるものとして扱うのでシールは貼らないでしょうか。

反則金制度と罰金制度、行政処分と刑事罰、確かに違いを理解してない人も多そうです。というか、殆どは知らないのでは・・・?

そういうことと無縁で居られるのがように・・・気をつけます。

kogeさんこんちには。

考えてみると、反則金の行き先ってどこになっているのでしょう。都道府県経由国庫とか・・・でしょうか。

首都高速のオービスを100km/hに設定すれば50km/hオーバーで10万円の罰金がわんさかでしょうね。1分に1回撮ったとして1日で1億4400万円(!)。

地方検察庁とか簡易裁判手続きとかがパンクしそうですが。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりにディーラーへ | トップページ | 速度取り締まりのこと »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ottoの本棚

  • 徳永幾男: セイコーダイバーズウオッチ進化論 (ワールドムック 1078)

    徳永幾男: セイコーダイバーズウオッチ進化論 (ワールドムック 1078)
    セイコー社が普通に出しているであろう資料を継ぎ接ぎしただけの本。内容に伝説を求めてもパッキンについてもダイバーからの手紙についても同じことを繰り返し書くばかりで何の面白味もない。いかにネタが無いのかを自分で白状している感じ。 技術的な意味での興味からも全く期待はずれ。PTFEの方がガス(He)透過率が低いというデータを載せながら、何故PTFEではない材料を採用したのかの説明もない。(所要最小面圧が理由だろうが) そして、面白くない一番の理由は他社や他社製品との具体的、定量的な比較がないこと。他製品に対する優位性があってこその「進化」だろうに。件のダイバーの手紙に「どれもこれもダメ」と書いてあったという問題提起の話だけで、実際のHe飽和潜水でセイコー製がその問題を解決したのかどうかの裏付けがない。 著者は実績ある時計専門の機械屋さんのようだから出版に当たって名前だけ使われたのだろうと思わずに居られない。 最近で最も損したと思った本に認定。 (★)

  • ウイダー: ウイダー・トレーニング・バイブル (ウイダー・トータル・フィットネス・シリーズ)

    ウイダー: ウイダー・トレーニング・バイブル (ウイダー・トータル・フィットネス・シリーズ)
    10年くらい前に買った本書を再読。紹介されているトレーニング種目は多く、運動競技別のメニューも紹介されている。また、反復可能回数を基準にした重量設定の方法も簡単に紹介されているが、「漸進性の原理」にはほんの一言二言触れているだけで、トレーニングが進んだとき、どのようにウェイトの重量を増やせば良いのかについては殆ど記載がない。唯一、「導入段階のトレーニングプログラム例」の中に「最終セットで15回出来るようになったら2.5kg増す」というような記載があるのみ。確かに重量設定の方法を逆読みすれば目的とする効果が得られる反復回数となるように重量を増やして行くべきということは分からなくもないが一般には分かりにくいだろう。明らかに初心者向けの書籍なのに、その点に関するガイドが不足していることに疑問を感じる。厳密に言うと用い方が違うとしても、8×3法なり5×5法なりのような、分かりやすいウェイト重量調整の判断基準が欲しい。ウェイトを増やして行くこと自体が目的にかなり近いことであって、他のことはその手段なのだから、ウェイトの増やし方には章をひとつ割いても良いくらいだと思うので。 (★★)

  • クリス アセート: 究極の筋肉を造るためのボディビルハンドブック

    クリス アセート: 究極の筋肉を造るためのボディビルハンドブック
    内容は運動強度と栄養摂取に関する原則に特化しており、個別の運動についての詳細は含まれていないので注意。挿絵以外に図表は含まれない。 (★★)

  • マイケル ルイス: フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち

    マイケル ルイス: フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち
    読書中

  • バートン・マルキール: ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉 ―株式投資の不滅の真理

    バートン・マルキール: ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉 ―株式投資の不滅の真理
    主張には一貫性があり差し替えられた最新のデータに対しても矛盾がない。最高のリターンを得るためにベストな方法ではなく、普通の人が十分な(とは言えかなり良い)リターンを得られる可能性が高い方法を明確に示している点で個人投資家にとって最良の書ではないだろうか。株式、債券の範囲で投資を始めるなら、まずは歴史に裏打ちされたこの本を読んでからにすべき。投資窓口で投資商品を販売する方々も、この本を読んでから個人投資家に接すれば無駄な問答が無くなるように思う。まあ、そんなことをしたら彼らが自己矛盾に苦しむことになるが。 (★★★★★)

  • フレデリック ドラヴィエ: 目でみる筋力トレーニングの解剖学―ひと目でわかる強化部位と筋名

    フレデリック ドラヴィエ: 目でみる筋力トレーニングの解剖学―ひと目でわかる強化部位と筋名
    主な筋肉については起始と停止位置がその筋肉単独の状態で図解されているが、せっかくなら運動状態の図についても、その運動が主題にする筋肉だけを単独で図示してほしかった。その方が、その筋肉がどのような方向に力を発揮するのか、どのような方向に動作すれば筋肉に効率よく刺激を与えられるのかが分かりやすくなるように思う。筋肉の起始と停止位置が分からない図であれば、なにも表皮を剥いで筋肉を露出させた状態で運動の様子を描く必要がないのでは。 (★)

  • 荒川 裕志: プロが教える 筋肉のしくみ・はたらきパーフェクト事典

    荒川 裕志: プロが教える 筋肉のしくみ・はたらきパーフェクト事典
    筋肉が骨格と共に各々単独で図解されており筋肉の骨格への付着(起始,停止)位置が分かりやすい。図を見ればどのような動作が筋肉に刺激を与えるのかが想像できる。同シリーズのトレーニング編にも興味が湧いた。 (★★★★)

  • ウイダー: ウイダー・トレーニング・バイブル (ウイダー・トータル・フィットネス・シリーズ)

    ウイダー: ウイダー・トレーニング・バイブル (ウイダー・トータル・フィットネス・シリーズ)
    (★★★)

  • 世界文化社: Octane日本版 Vol.12 (BIGMANスペシャル)

    世界文化社: Octane日本版 Vol.12 (BIGMANスペシャル)
    素敵なグラビアを堪能。 (★★★)

  • 世界文化社: オクタン日本版特別編集 VANTAGE (BIGMANスペシャル)

    世界文化社: オクタン日本版特別編集 VANTAGE (BIGMANスペシャル)

Shops

  • Ride Out KAWASAKI 専門店
    友人である長谷川氏のバイクショップ。 杉並区善福寺一丁目青梅街道沿い。 KAWASAKI中心に取り扱い。

家作りリンク

家作りガイド

  • 住まいの水先案内人
    家作りに関する技術的な解説、資料、コツ、そして注意点が盛りだくさんです。非常に多くの内容が含まれていますが、それらが分かりやすく整理されています。このサイトを隅から隅まで読んで家作りに着手すれば余程のことがない限り致命的な問題が発生するようなことは避けられるのではないでしょうか。特定の工法、業者に傾いた解説も見当たらず、非常に良いサイトだと思います。
  • 建築家による1000問答の建築よろず相談
    基本的には建築に関係する相談のサイトです。建築士等によるQ&Aが充実しています。運営主体の性質上、建築士による建築計画・監理を強く推し、そのメリットを強調しています。