« リフレッシュメニュー | トップページ | ウッドフェンス~塗膜の厚み »

2007年10月10日 (水)

RDD方式~世論調査

各種世論調査について、「RDD方式の調査によると」という記事をよく見かけます。

実は私、「RDD方式」というのが何の略なのかずっと知らずにいました。

『リンリン電話』の略? あ、それだと「RRD」じゃないか、などと自分で突っ込みを入れながら調べてみたら、

「Random Digit Dialing」

の略だということが分かりました。

やりかたとしては、無作為に電話をかけてアンケートを仕掛ける・・・

という名前そのままの方法です。(笑)

この方法の詳細は下のリンクのとおり・・・。

http://wwwsoc.nii.ac.jp/japor/

http://www.pref.saitama.lg.jp/A01/BP00/faq/q11.html

手間ですねえ。

ところで、ここで再び疑問です。

このRDD方式による調査、まともにやれば誰が調査してもその結果に大きな誤差が出るとは思えないのですが・・・実際には同時期に行ったはずの調査でも、メディアによってその数字が大きく違っているのを見かけます。

何故でしょう。

どうやら各メディアに都合の良い結果を出すためのトリックがあるようです。

例えば某新聞などは自分の新聞の購読者だけを対象に行ったアンケートの結果を出しているのだとか。それなら当然、その新聞の論調に合った結果が出るに決まっていますよね。

調査方法に

「○○社RDD方式」

という断り書きが付いているものは、ほとんどがそういうサンプルのバイアスがかかった調査なのだそうです。

端の方に小さく、「本紙読者に対するRDD方式」などと注意書きがある場合もありますが、ほとんどが調査方法についてはきちんと公開していません。

一般にこういう出所不明の数字はデータとは呼ばないのですが、マスコミではこのへんの取り扱いがとても曖昧です。

メディアごとに調査結果がえらく違う理由が分かりました。

それから、アンケート全般に言えることですが、設問の方法によって結果を動かすのも簡単ですよね。

例えば、

「世の中の暮らしは良くなっていると思いますか」

「重税感はありますか」

「社会保険に不安はありますか」

のようにアンケートを進め、

「現政権を支持しますか」

と問えば、どうなるでしょうか。

それで、最後の設問への回答だけを「世論調査の結果」として記事にすれば、結果は見えていますよね。

その結果を以って

「不支持が○○%」

と報道するわけです。

逆に、

野党側主張の矛盾や問題点に関する設問を並べた上で

「野党に政権担当能力があると思いますか」

という設問をすれば、かなりの人が逆の方向になびくのではないでしょうか。

そういう設問は見たことがありませんが。(笑)

で、困るのが、そういう結果を以って、さも

「多数が支持している=正しい」

という方向に話が誘導されがちなことです。

また、その結果を見るほうも、「多数=正しい」と誘導されがちです。

そもそも、RDDと言ってもどの範囲に対して「Random Dial」するのでしょうか。

固定電話だけにかけるなら、まさか会社でアンケートを受けるはずがありませんから、自営業者、主婦、老人、そして子供がアンケートの対象になるでしょうし、時間帯によっても電話に出る人の構成は変わるでしょう。

昼間なら若者は出ない可能性が高くなりますし、固定電話を対象にするなら、若者が対象から外れる可能性は更に高くなります。

こういう偏りを、ある標準指標を使って補正する方法もありそうですが、そういうことをしているのでしょうか?

調査結果には必ず調査対象者の構成と質問の内容を一緒に示さなければならないと思います。

もちろん、紙面の都合でそれが不可能なら、今の時代、別途WEBにて公開ということでも良いでしょう。

・・・如何でしょうか。

|

« リフレッシュメニュー | トップページ | ウッドフェンス~塗膜の厚み »

コメント

NHKがするRDD方式による世論調査には疑問が残る。
まず固定電話に無差別にかけるというが、実際にはどうなのか?また国民全部が固定電話を持っているわけではない。携帯電話だけの人も多いし、いわゆる住所不定の浮浪者等は該当なしとなる。
受信料を請求しておいて勝手に世論調査をしていわゆる世論を誘導するような気がして絶対にやってほしくないものです。
大体誤差がどのくらいあるかを計算しないと1000人くらいで正確な答えが出るわけがないと思います。

投稿: Vladimir Vysotsky | 2010年8月12日 (木) 17時50分

Vladimir Vysotskyさん、はじめまして。
バイアスを完全に除去した世論調査というのはそもそもあり得ないものなのでしょうね。
調査の精度と、多数派の方向性が正しいのかどうかとは別問題ですし、調査結果を見るときに皆がバイアスを意識しさえすれば良いとも言えるのですが…。
なかなか難しい問題です。

投稿: otto | 2010年8月13日 (金) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リフレッシュメニュー | トップページ | ウッドフェンス~塗膜の厚み »