« 工作前の腹ごしらえ~バーベキュー | トップページ | ウッドフェンスづくり~板張りの仕上げ »

2007年10月28日 (日)

2×4材はなぜ2×4インチではないのか?~その理由

表題の件、以前の記事で「疑問だ~」とアピールしましたところ、nzmさんからコメントをいただいて疑問が氷解しました。誠にありがとうございます。

nzmさんによると

「寸法が小さいのは壁仕上面に約12ミリの合板もしくはボードを貼るから」

だそうで、確かに材料の寸法に12mmを足すと、それぞれインチ寸法の倍数に合ってきます。

例えば2×4材の場合、インチサイズの計算そのままですと

2インチ×4インチ=50.8mm×101.6mm

ですが、そこからそれぞれ12mmを引くと、

38.8mm×89.6mm。

材料の寸法とぴったりです。

もしかすると彼の国では板材の寸法が1/2インチだったりして、そうするとつまり2×4材というのは1.5×3.5インチ材ということになるのかも知れません。

他のサイズでも12mmを引くと材料の実寸とぴったり。

頭がとてもスッキリしました。

ありがとうございます。

|

« 工作前の腹ごしらえ~バーベキュー | トップページ | ウッドフェンスづくり~板張りの仕上げ »

コメント

ツーバイフォーの材料寸法はJAS規格のものらしいですよ。板材の厚さも昔からあった日本の規格(尺貫法)もJASで規格化されてますから、それに合わせたのかもしれませんね。

投稿: nzm | 2007年10月30日 (火) 20時16分

寸法の根拠はJAS規格なのですね。調べてみると色々納得です。おかげさまで長い間の疑問が解けました。少し賢くなった気分です。(笑)
ありがとうございます。

投稿: otto | 2007年11月 2日 (金) 10時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 工作前の腹ごしらえ~バーベキュー | トップページ | ウッドフェンスづくり~板張りの仕上げ »