« 2×4材はなぜ2×4インチではないのか?~その理由 | トップページ | 初めて見ました~蝶の羽化 »

2007年10月29日 (月)

ウッドフェンスづくり~板張りの仕上げ

Dsc_4576

我が家のウッドフェンス作り。先週末でほぼ完成したので、設置前の状態からまとめてご紹介したいと思います。

さて、まず初めはこの状態でした。ウッドデッキから妻の駐車スペースが丸見え、更にその先の道路まで丸見えです。駐車スペースの端に置かれた無機質な物置が剥き出しなのも気になります。

Dsc_4572

このとおり。物置が庭の有機的な雰囲気から完全に浮いてしまっています。とは言え、これがないと庭いじりの道具が仕舞えないのでしょうがありません。

Dsc_4615

そんなわけで、この物置を木製のフェンスで囲ってしまうことにしたわけです。主に2×4材を組み合わせてフレームを作り、そこに0.5×4材(?)を張る構造です。

Dsc_4611

物置の横の部分にはゴミ箱を置けるように計画しました。生ゴミ等、できれば家の中に置いておきたくないものを、回収までの間、置いておくスペースです。ゴミ箱は、適当な寸法のものがあれば良いのですが、もしもピッタリのものがなければ、また工作するつもりです。ベニヤ板で作っても良いですし、金属パイプのフレームで作っても良いでしょう。もちろん開口には扉を取り付けます。

Dsc_4617

ゴミ置きスペースの反対側は、簡単なベンチにしました。本当はこのベンチの座面が上に開いて中に物を仕舞えるようにする予定だったのですが、骨組みを丈夫に組みすぎたせいで開口が予想以上に狭まり、あまり物入れとしての用を成さない感じになってしまたので、座面は固定してしまいました。少し失敗です。

Dsc_4618

さて、ここからが今週の作業です。デッキの上に材料を並べ、毎度のウッディーガードをひたすら塗り続けます。撥水性が十分に発揮されるのが3回重ね塗りくらいからなので、実はこの塗装が一番手間のかかる作業です。

Dsc_4630_2

日曜日の夕方までに、どうにか側板を張り終えることができました。これでもう、庭から無機質な物置が見えることはありません。

残りは扉の製作です。これができないと、「道路から庭が丸見え」は解消されません。

次の週からは仕事の都合で週末が潰れ続けるので、なんとかこの日のうちに仕上げる必要がありました。

ところが、なんとこの時点で計算ミスのために材料が足りないことが判明。材料を買って塗装して…?

果たして扉の製作は間に合うのか?

 

【つづく】

|

« 2×4材はなぜ2×4インチではないのか?~その理由 | トップページ | 初めて見ました~蝶の羽化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2×4材はなぜ2×4インチではないのか?~その理由 | トップページ | 初めて見ました~蝶の羽化 »