« 某工具メーカー | トップページ | 鳥よけ・・・? »

2007年8月 4日 (土)

過剰品質・・・?

Img_5176

某所にあるエアコンです。亜米利加のジェネラル・エレクトリック社製のものです。

Img_5177

なんとこれ、40年も前のものです。最近、オーバーロードで電源のブレーカーが落ちるようになったので、そろそろ寿命かと思ったのですが・・・。

いやいや、単に熱交換器のフィンが汚れていただけでした。

フィンに汚れが付いて、まるで餡子の団子のようになっていて、これでは熱交換ができるはずがありません。

高圧洗浄機で汚れを吹き飛ばしたら、また元気に動き出しました。

「MOTTAINAI」の精神には賛同しますが、メーカーとしてはこういうの、如何なものでしょうか。あまりにも寿命が長すぎるのではないかと。(笑)

鉄製で屋外設置の機械なのに、錆はほんの一部です。外装にもほとんど問題がありません。

今、身の回りにある家電製品がそこまでの品質(耐久性)を持っているのかと考えると・・・、たぶんないでしょうね。買い替え需要まで綿密に計算されて寿命を迎えるのだと思います。

商売的には明らかに過剰品質だと思うとともに、当時の「亜米利加製」のすごさを感じます。

自動車を例にとっても、1960年代の亜米利加車は日本で大変な高級車でした。独逸製など比べ物にならないくらい。

高級車の指標の一つであるエンジン出力でいえば、日産が94psなどと言っているころ、普通に300psオーバーだったわけです。今の基準で考えても大出力の部類です。

亜米利加恐るべし、です。

|

« 某工具メーカー | トップページ | 鳥よけ・・・? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 某工具メーカー | トップページ | 鳥よけ・・・? »