« ノートPC購入~遅い!耐えられない!最新型! | トップページ | ノートPC購入~速い!軽い!快適! »

2007年8月21日 (火)

ノートPC購入~止むを得ず対策を

さて、初めからいきなり 『驚異的な遅さ』 を見せ付けてくれた我がノートパソコン、数日経っても遅さは相変わらずでした。(あたりまえ。)

私にとってのパソコンは単なる道具であって、冷蔵庫と同じように何も考えなくても使えるべき家電です。それをまともにするために工夫するなんてまっぴらゴメンです。

そうでなくても今は仕事の設備のことで頭がいっぱいですから。

しかし買ってしまったものはしょうがありません。途方に暮れていても何も変わらないので、対策を練るべく、気を取り直してパソコンの動作を観察してみました。

問題はソフトなのかハードなのか、それとも設定なのか?

 

よく見ると、ハードディスクへのアクセスが異常に多く発生しています。

何かを触るたびにディスクアクセスのランプが点き、その間は画面の動作が止まってしまいます。

典型的なメモリー不足の症状ですね。

DELL純正でメモリーを増やすと1GB→2GBで¥27,300も取られるので見送ったのですが、やはりそれがまずかったようです。

とはいえ、XPでは512MBで普通に動いていたのですから、いくらなんでもメモリーの食いすぎでしょう。

起動時に何MB食っているのかまでチェックしていませんが、マシンの性能向上を、OSが全て食い潰しているように感じます。快適に動く勤務先のXPマシンのページングファイルは、たった381MBでした。

 

そんなわけで、止むを得ず電気屋に行ってメモリー購入です。

1GBで¥7,980。2枚で¥15,960。痛い出費です。

バルクの安い品物もありますが、面倒が起きると面倒(?)なので、念のためELECOMのものにしておきました。

値段があまり変わらなかったので、純正のDDR2-533規格ではなく、667対応のものです。このへん、全く知識がないので意味があるのかどうか分かりません。基本的にマザーボードのほうで速度は決まってしまうのだとは思います。

取り付けにあたって、Inspiron1501にはメモリースロットが2つしかないので、標準で付いてきた1GB(512MB×2)は取り外し、新たに2GB(1GB×2)を挿し込みます。

1GBが無駄になると言えばなるのですが、それでも、純正で2GBにアップグレードするには¥27,300もかかるわけですから、全体ではお得だったという計算です。

初めからこうなることが分かっていたら、メモリー容量を減らして注文していたでしょう。車のオーディオのようにレスオプションがあれば良いですね。

余った1GBは会社のXPマシンに入れて使うことにします。たぶん512MB機が大半でしょうから。

 

ところで、Inspiron 1501の場合、最大搭載可能なメモリーは最大2GBと書かれています。また、もしも物理的にメモリーを4GB載せてもOSが32bitである限り3GBくらいまでしか認識されないとか。(聞きかじりですが)

つまり、これでダメなら、「もはやそれまで」です。

Windows Vistaは外部の記憶媒体を使ってメモリーを補う機能も持っていますが、HDDへのランダムアクセスよりは若干マシかというレベルで、メインメモリーほどの効果があるとは思えません。(シーケンシャルだとHDDの半分くらいの速度でしたか)

 

さて、果たしてこのメモリー増設でパソコンの動きは変わるのか・・・?

ノートパソコンの運命や如何に??

 

(期待しながら次回へ続く)

« ノートPC購入~遅い!耐えられない!最新型! | トップページ | ノートPC購入~速い!軽い!快適! »

雑記帳」カテゴリの記事

コメント

やはりメモリ増設ですか。4G入れても効果無いという事は始めて聞きました。kogeも検討する時は気をつけたいと思います。しかし続きが楽しみです。

とりあえず無駄なプロセスを片っ端から殺すためにどのプロセスがリソースを横取りしているのかを把握する事が必要なので、これを使ってみては如何でしょう。

http://www.microsoft.com/technet/sysinternals/ProcessesAndThreads/ProcessExplorer.mspx

インストールの必要も無くレジストリ変更も無く1ファイルを起動するだけで稼働中のプロセス状況を詳細に表示してくれます、多くの場合は元からユーティリティとしてインストールされていて勝手に起動するサービスだけでもVAIOでは200MBも使用していてWindowsだけで500MBにも達していました。 Vistaのグラフィック系サービスを全て停止してXPモードにすれば大幅に改善もされる筈ですメモリーは限界まで増設してもあまり効果はありません。

流浪のシステムコンサルタントより...

なんだか大変なことになってますね。

わたしも初夏にノートPCを購入しましたが、あえてXPモデルにしました。
マウスコンピューターのluvbooki1240ってやつです。

プロセッサはインテルCore2 Duoの1.66GHzで、メモリは2GB。
一応Windows Vista Capable PCなので、様子をみてVistaを入れよっかなと思ってました。

やはりVistaはメモリを食うんですかね。
ottoさんのinspironで遅いんなら、わたしのも似たようなもんでしょうね。。。
XPのまま通そっかな。

ところで、ottoさんのブログって非公開コメントはできますか?

すいません。
また名前を入れ忘れました。
何度も同じミスでお恥ずかしいです。

kogeさん、コメントありがとうございます。

メモリー増設という面白みのない方法ですみません。いろいろ方法はあるのでしょうけれど、素人的に一番確実性が高いと思えた方法です。

さてさて、どうなりますか。

たけE32さん、コメント有難うございます。そちら方面のお仕事だったんですね。

さっそくダウンロードしてみました。…が、それぞれの数字の示す意味がいまいち分かりませんでした。(笑)

これを書き込むためにIEを一つ立ち上げた状態で下のような状態でした。

Phisical Memory(K)
Total 1,963,456
Available 897,044
System Cache 1,050,900

つまり、この程度の作業で既にメモリーを1GBほど消費しているとうことなのでしょうか?

同時に

Commit Charge(K)
Current 1,275,732
Limit 4,156,480
Peak 1,488,024

だそうです。

これはスワップファイルの容量のことでしょうね。システムが割り当てたスワップファイルの容量が約4GB、使ったピークが1.4GBくらい…?

IEを一つ立ち上げただけで合計2.4GBくらいの空間を使っている…なんてにわかには信じがたいのですが、本当にそうなのであれば、1GBメモリーでは確かにメモリーが足らないように思います。

各語句についてちょっと調べてみます…。

Vistaではメモリは"最低"2GB必要ですね。コミットチャージは特別なソフトを使わなくても確認できます。ctrl+alt+delでタスクマネージャを立ち上げ、パフォーマンスのタブを確認してください。この最大値+αが必要なメモリ量の目安になります。
メモリの上限ですが、32bit OSとしての限界は4GBです。これに各チップセットの制限が加わります。1501の場合、チップセットはATI Radeon® Xpress 1150で、上限は2GBのようです。AMDのHPを参照してください。

長い追記
4GB積んでも3GBまでしか認識しないのは、Intel 845シリーズ等、一部のIntel製チップセットの仕様です。
メモリを533MHz→667MHzにしたとのことですが、ご指摘の通りチップセットが対応している周波数で、かつM/BのBIOSが指示したとおりの周波数(1501の場合533MHz)で動くだけです。ただし、各半導体メーカーは533→667への対応に当たってCASレイテンシを下げて対応している場合があります。この場合、動作周波数は533MHzのままでCASレイテンシは下がり、Totalでの処理速度は落ちることになります。まぁベンチマークでしか差が出ない程度の差でしょうが。
ついでに。ELECOMは半導体メーカでもなければ、メモリメーカでもありません。どこかから調達して、動作確認して(?)、ELECOMとしての保障を付けるだけです。PCショップに行って、適正周波数のメモリで、CASレイテンシが低く、ショップの相性保障をつけて買うのが一番良いと思います。
今、現時点でPCの処理速度のボトルネックはCPUでは無いことがほとんどです。CPUがボトルネックとなるのはエンコード処理くらいでしょうか。それにデュアルコアとなると、きちんとデュアルコアに対応し、そのCPUにあった命令(SSE4等)で最適化されているソフトでないと恩恵にはあずかれません。OSレベルでのサポートで、かつ別アプリとなると、シングルコアの高クロック品の方が処理が早かったりします。とはいえ今CPU屋さんにとっての売り文句は"マルチコア"しかないので、選択肢は少ないのですが…
体感できる"速度低下防止"にはメモリ増設、"速度向上"にはHDDの交換をお勧めします。プラッタあたりの容量が大きい物はシーク速度が同じでも体感できるほど速いです。また、発熱の問題はありますが、7200rpmのものを使えばもっと体感できます。
個人的には、Vistaはまだ各ドライバが最適化されておらず、周辺機器の対応も遅れており、動作も重く、しかもMicrosoft的に次バージョンへのパブリックβ的な雰囲気(WindowsMeの時のような)があるので、当分XPでいきます。
Vistaプレインストール品でもXPへのダウングレード権は買えるので、XPにするのが一番効果的かもしれません(笑)

shaloさんこんばんは。

今のところ、私がVistaで便利だと感じているのはスリープモード(?)からの起動がとても速いことです。

XPまでのWindowsでは基本的に作業を終えたらシャットダウンという使い方でしたが、Vistaの場合は基本がスリープモードになったようです。

やりたいことが終わったら液晶パネルをパタンと閉じると、それで自動的にスリープモードに入り、次の日に液晶パネルを開けると、数秒の間に昨日の画面がそのまま再現されます。

このテキストボックスに書き込み途中だったとしても、そのまま再現されます。

ただ、それ以外には特に便利に感じていることはありません。設定を細かくいじる気を無くさせるデコレーションが盛りだくさんです。

なので、XPで不便がないのであれば、わざわざVistaにする必要はないのではないかと。2000は微妙でしたがXPはもう充分に安定だと思いますし。

ところで、私のBlog(@niftyのcocolog)では残念ながら非公開コメントは設定できないようです。すみません。

「コメントの公開に管理者の承認が必要」という設定はあるのですが、それを設定してしまうとBlog全体がそうなってしまうのだと思います。

何か非公開なご連絡(?)をいただくのであれば、非公開可能などなたかのBlogに集合!ということになりそうですが…。

如何でしょうか?

こんばんは。
やはりそうですか。
実は やすさんから わたしのブログへoff会(なのかな?)のお誘いのコメントをいただいたんです。
ottoさんやkogeさんも誘ってってことで。

皆さんお忙しいでしょうから、実現するのは難しいかもしれませんが、わたしも楽しそうだなって思ってます。
というようなお話なんですよ。
いかがでしょ?

やすさんと わたしのブログは管理者のみが見れるコメントの書き込みが可能ですので、どちらかにコメントいただければ幸いです。
チェックを入れていただくだけです。
実はkogeさんとは、もう直接連絡が取れるようになってます。

つじさんお久しぶりです。
コメント遅くなり恐縮です。あまりにも分量が多かったもので。(笑)

確かにCPUがボトルネックになる作業というのは多くなさそうですね。タスクマネージャーでCPUの使用率を見ていても、普通の作業では3割くらいまでしか行かないようです。デジカメ画像の現像処理とか、動画の変換等ではほぼ100%まで行くようですが。

あと、デュアルコアを活かすにはそれなりのソフトが必要なんですね。新しいPhotoshopあたりは対応しているとかいないとか…?

チップセットは自分でも調べてみました。この機種についてはDELLは正式にはスペックに載せていませんが。電気屋で早まって4GBとか買わなくて良かったですよ。完全に無駄になるところでした!

そうそう、全く別件ですが、CLIEはその後、自分の無線LANを認識しなくなったり予定表が壊れたりと一時はグレて困りましたが、今ではまた良い子になりました。そろそろ電池のもちが悪くなってきたので、部品があるうちに交換しておこうかと思っています。PDA、PCその他、毎度ありがとうございます。

東京方面に来ることがあったらこちらにも是非お立ち寄りくださいね。たいしたおもてなしも出来ませんが。

shaloさんこんばんは。

やすさん、kogeさんのBlogでみなさんのコメントを拝見してはいたのですが、書き込みできていませんでした。すみません。

さて、OFF会の件、良いですね。kogeさんはちょっと日帰りというわけにはいかないと思いますが(^^;)、shaloさん、やすさんは比較的お近くですよね。

みなさんツーリング好きでいらっしゃるようですから、箱根の山の上で集合!なんていうのも面白いかもしれません。

後ほど、非公開コメントのほうに書き込ませていただきますね。よろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ノートPC購入~遅い!耐えられない!最新型! | トップページ | ノートPC購入~速い!軽い!快適! »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ottoの本棚

  • 徳永幾男: セイコーダイバーズウオッチ進化論 (ワールドムック 1078)

    徳永幾男: セイコーダイバーズウオッチ進化論 (ワールドムック 1078)
    セイコー社が普通に出しているであろう資料を継ぎ接ぎしただけの本。内容に伝説を求めてもパッキンについてもダイバーからの手紙についても同じことを繰り返し書くばかりで何の面白味もない。いかにネタが無いのかを自分で白状している感じ。 技術的な意味での興味からも全く期待はずれ。PTFEの方がガス(He)透過率が低いというデータを載せながら、何故PTFEではない材料を採用したのかの説明もない。(所要最小面圧が理由だろうが) そして、面白くない一番の理由は他社や他社製品との具体的、定量的な比較がないこと。他製品に対する優位性があってこその「進化」だろうに。件のダイバーの手紙に「どれもこれもダメ」と書いてあったという問題提起の話だけで、実際のHe飽和潜水でセイコー製がその問題を解決したのかどうかの裏付けがない。 著者は実績ある時計専門の機械屋さんのようだから出版に当たって名前だけ使われたのだろうと思わずに居られない。 最近で最も損したと思った本に認定。 (★)

  • ウイダー: ウイダー・トレーニング・バイブル (ウイダー・トータル・フィットネス・シリーズ)

    ウイダー: ウイダー・トレーニング・バイブル (ウイダー・トータル・フィットネス・シリーズ)
    10年くらい前に買った本書を再読。紹介されているトレーニング種目は多く、運動競技別のメニューも紹介されている。また、反復可能回数を基準にした重量設定の方法も簡単に紹介されているが、「漸進性の原理」にはほんの一言二言触れているだけで、トレーニングが進んだとき、どのようにウェイトの重量を増やせば良いのかについては殆ど記載がない。唯一、「導入段階のトレーニングプログラム例」の中に「最終セットで15回出来るようになったら2.5kg増す」というような記載があるのみ。確かに重量設定の方法を逆読みすれば目的とする効果が得られる反復回数となるように重量を増やして行くべきということは分からなくもないが一般には分かりにくいだろう。明らかに初心者向けの書籍なのに、その点に関するガイドが不足していることに疑問を感じる。厳密に言うと用い方が違うとしても、8×3法なり5×5法なりのような、分かりやすいウェイト重量調整の判断基準が欲しい。ウェイトを増やして行くこと自体が目的にかなり近いことであって、他のことはその手段なのだから、ウェイトの増やし方には章をひとつ割いても良いくらいだと思うので。 (★★)

  • クリス アセート: 究極の筋肉を造るためのボディビルハンドブック

    クリス アセート: 究極の筋肉を造るためのボディビルハンドブック
    内容は運動強度と栄養摂取に関する原則に特化しており、個別の運動についての詳細は含まれていないので注意。挿絵以外に図表は含まれない。 (★★)

  • マイケル ルイス: フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち

    マイケル ルイス: フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち
    読書中

  • バートン・マルキール: ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉 ―株式投資の不滅の真理

    バートン・マルキール: ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉 ―株式投資の不滅の真理
    主張には一貫性があり差し替えられた最新のデータに対しても矛盾がない。最高のリターンを得るためにベストな方法ではなく、普通の人が十分な(とは言えかなり良い)リターンを得られる可能性が高い方法を明確に示している点で個人投資家にとって最良の書ではないだろうか。株式、債券の範囲で投資を始めるなら、まずは歴史に裏打ちされたこの本を読んでからにすべき。投資窓口で投資商品を販売する方々も、この本を読んでから個人投資家に接すれば無駄な問答が無くなるように思う。まあ、そんなことをしたら彼らが自己矛盾に苦しむことになるが。 (★★★★★)

  • フレデリック ドラヴィエ: 目でみる筋力トレーニングの解剖学―ひと目でわかる強化部位と筋名

    フレデリック ドラヴィエ: 目でみる筋力トレーニングの解剖学―ひと目でわかる強化部位と筋名
    主な筋肉については起始と停止位置がその筋肉単独の状態で図解されているが、せっかくなら運動状態の図についても、その運動が主題にする筋肉だけを単独で図示してほしかった。その方が、その筋肉がどのような方向に力を発揮するのか、どのような方向に動作すれば筋肉に効率よく刺激を与えられるのかが分かりやすくなるように思う。筋肉の起始と停止位置が分からない図であれば、なにも表皮を剥いで筋肉を露出させた状態で運動の様子を描く必要がないのでは。 (★)

  • 荒川 裕志: プロが教える 筋肉のしくみ・はたらきパーフェクト事典

    荒川 裕志: プロが教える 筋肉のしくみ・はたらきパーフェクト事典
    筋肉が骨格と共に各々単独で図解されており筋肉の骨格への付着(起始,停止)位置が分かりやすい。図を見ればどのような動作が筋肉に刺激を与えるのかが想像できる。同シリーズのトレーニング編にも興味が湧いた。 (★★★★)

  • ウイダー: ウイダー・トレーニング・バイブル (ウイダー・トータル・フィットネス・シリーズ)

    ウイダー: ウイダー・トレーニング・バイブル (ウイダー・トータル・フィットネス・シリーズ)
    (★★★)

  • 世界文化社: Octane日本版 Vol.12 (BIGMANスペシャル)

    世界文化社: Octane日本版 Vol.12 (BIGMANスペシャル)
    素敵なグラビアを堪能。 (★★★)

  • 世界文化社: オクタン日本版特別編集 VANTAGE (BIGMANスペシャル)

    世界文化社: オクタン日本版特別編集 VANTAGE (BIGMANスペシャル)

Shops

  • Ride Out KAWASAKI 専門店
    友人である長谷川氏のバイクショップ。 杉並区善福寺一丁目青梅街道沿い。 KAWASAKI中心に取り扱い。

家作りリンク

家作りガイド

  • 住まいの水先案内人
    家作りに関する技術的な解説、資料、コツ、そして注意点が盛りだくさんです。非常に多くの内容が含まれていますが、それらが分かりやすく整理されています。このサイトを隅から隅まで読んで家作りに着手すれば余程のことがない限り致命的な問題が発生するようなことは避けられるのではないでしょうか。特定の工法、業者に傾いた解説も見当たらず、非常に良いサイトだと思います。
  • 建築家による1000問答の建築よろず相談
    基本的には建築に関係する相談のサイトです。建築士等によるQ&Aが充実しています。運営主体の性質上、建築士による建築計画・監理を強く推し、そのメリットを強調しています。

トレーニング

  • AthleteBody.jp
    このサイトのおかげで腹筋を割ることができました。無料サイトであるにも関わらず「ダイエットと筋肉トレーニングにおいて本当に必要なこと」が強調され、非常に有益な情報が提供されています。 夏前になると「6パックを手に入れる」的な特集を繰り返し組んで、色々な運動を羅列しただけの雑誌を買うのがバカバカしくなります。 多くの雑誌では、運動の優先度、そして何より時間軸でのトレーニングの進め方が載っていません。 「10回繰り返せるくらいの負荷で3~5セット行う」という書き方をしていることが多いのですが、「じゃあ、今日50kgのウェイトで10回3セット出来たとして、次回もその次も同じようにすれば良いの?」という疑問には答えてくれないことが殆どです。 読者がそう言った疑問を持たなければ毎回同じ負荷で同じことを繰り返し、つまり体は変わらない、ということになるわけで、記事として非常に中途半端であり不誠実です。 全員が6パックになってしまうと雑誌が売れなくなるので大事なところを端折っているのかも知れませんが。 このサイトでは、「行うべき基本」はシンプルで明確なので実行も容易。非常にお勧めです。
無料ブログはココログ