« ノートPC購入~止むを得ず対策を | トップページ | 前提条件を無視しないで »

2007年8月24日 (金)

ノートPC購入~速い!軽い!快適!

結論から言って、Inspiron 1501は劇的に速くなりました。

以前の状態がウソのようです。

広い作業場を得て、CPUもようやく本来の速度で仕事ができるようになったのでしょう。

作業中のHDDへのアクセスが激減しましたことから見て、やはりボトルネックはHDDのスワップファイルへのアクセスだったのだと思います。

もともとのメモリー使用量が多いWindows Vistaの場合、メモリーの不足は本当に致命的なのでしょう。

CPUをアップグレードするくらいなら、その差額をメモリーに使うべきでした。

XPでは512MBでそれなりに動いていたのでVistaでも1GBあれば十分だろうと思ったのですが、必要とする容量のレベルが違いました。

なにせ2GBですから。

一昔前なら3D CADでもそんなに載せていませんでした。(笑)

DELLの説明によると

「メモリ. Windows Vista(R)の機能を快適に利用するために、2GB以上のデュアルチャネルシステムメモリをお薦めします。」

ということですが、まさかここまで酷いとは思いませんでした。どちらかというと、

「メモリ. Windows Vista(R)の機能を利用するために、最低でも2GBのデュアルチャネルシステムメモリが必要です。1GBは動作確認のみとお考えください。」

と書くべきではないかと。

デスクトップの表示をクラシックにするとだいぶ楽になるようですが、それでも根本的な改善には程遠い感じでした。

この件に関しては、皆さんからかつて無いたくさんのコメントをいただいて驚きました。やはりVistaには手こずっていらっしゃるのでしょうか。

それに対していまいち盛り上がりに欠ける『解決編』で恐縮なのですが、そんな感じでめでたく満足できる性能を手に入れることができました。

ご指導いただきました皆様、本当にありがとうございます。(礼!)

|

« ノートPC購入~止むを得ず対策を | トップページ | 前提条件を無視しないで »

コメント

解決おめでとうございます。なかなかメモリ増設を実行に移す勇気が無かったのですが、ottoさんの尊い人柱(笑)のお陰で我が家でも検討してみようと思います。とりあえずは1G×2の2Gで将来価格が安くなったら4Gに上げようかな?その頃にはOS変わっているでしょうが・・・。

余ったメモリは現在の主力機XPバイオの512Mからのバージョンアップに使う事にしようかな?

投稿: koge | 2007年8月24日 (金) 23時42分

おおっ!
解決したんですね。
おめでとうございます。

これでわたしもvistaに移行する楽しみができました。(笑)

ottoさんのさんのフロンティア精神にに乾杯!!

投稿: shalo | 2007年8月25日 (土) 00時48分

kogeさんこんばんは。

若干のロスがありましたが、皆さんのおかげで無事に解決しました。当初は困ったことになったという気持ちだったのですが。(笑)

余ったメモリーをXPマシンに使うのは良いですよね。私はXPマシンがデスクトップなので使えないので、会社に持って行って何かに入れてみます。

MOTTAINAIの精神です。(?)

投稿: otto | 2007年8月26日 (日) 22時02分

shaloさんこんばんは。

メーカーさんももう少し強く2GBの必要性をアピールしてくれたら良いと思います。

私のVistaはHome Basic なのでVistaとしてはメモリーを要求しない部類だと思うのですが、それであの状態ですから、凝ったデスクトップが使えるバージョンのVistaだったら2GB以上を使えるマシンを選ぶところから始めなければならないのではないかと思います。

XPのままが正解かも知れませんよ~。(笑)

投稿: otto | 2007年8月26日 (日) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノートPC購入~止むを得ず対策を | トップページ | 前提条件を無視しないで »