« ガレージの排気ガスのこと | トップページ | ウッドデッキのお手本 »

2007年7月10日 (火)

足回りの異音~ステージア

ステージアの走行距離が購入後8ヶ月で20,000kmを超えました。

このままの割合で走ると、年間の走行距離はちょうど30,000kmくらいになりそうです。

通勤距離が往復で80kmくらいあるので、私の過去のどの車よりもハイペースです。

購入時48,000km、今の走行距離がほぼ7万キロですから、来年中にはめでたく10万キロを迎えることでしょう。

走行の大半が高速道路での定速走行だからかどうか、購入時に新品を付けたタイヤ(Playz)の減りは遅く、溝はまだ半分以上残っているようです。

山道を走っていたころは71Gが2万キロを待たずに無くなりました。今思うと、勿体なかったなあ・・・。

さて、そのステージア。信頼性を求めて用意したはずだったのですが、少々問題が出てきました。

リアサスペンション周りからの異音です。

段差に斜めにゆっくりと乗り上げるような動きをさせると、必ず

「キチキチ・・・ ギギギギ・・・」

という軋み音がするのです。

エンジンがかかった状態で車の外でも聞こえるような、かなりの音量です。

一度ディーラーに見てもらったところ、音の発生は確認できるのですが、場所までは特定できませんでした。

音の感じから言って金属同士が、かなりのストロークで動いて軋む音です。自然治癒を期待していたものの、最近、音がだんだん酷くなってきたので、止むを得ず入院させることにします。

少し前までなら車体本体の保証が使えたのですが、走行が6万キロを超えたので、もうダメでしょう。

750だったら自分で見るのですが、どうもダメです。手間をかける気がしません。

ステージア君、御免なさい。

|

« ガレージの排気ガスのこと | トップページ | ウッドデッキのお手本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガレージの排気ガスのこと | トップページ | ウッドデッキのお手本 »