« 住宅メーカーを選ぶにあたって~評判 | トップページ | 一番の不満~フローリング »

2007年6月30日 (土)

床のワックスがけ~除去作業

Img_5017

入居から半年が経過し、フローリングの一部が艶を失ってきました。樹脂系のワックスを塗り重ねても良いのですが、どうにも気になることがあって、ワックスを一旦全て剥がすことにしました。

Img_5018

何が気になるのかというと、まずはワックスに塗り込められたゴミ・・・です。

おそらく引き渡し前の仕上げにかけられたワックスで、ものすごい厚さで塗られた中にゴミが巻き込まれて固まっているのです。

引き渡しのときに気づいて「ぐえっ」と思ったのですが、まあ、後で自分で直そうと思って特に指摘はしませんでした。こういうことがあると知っていれば、仕上げワックスの施工を予めお断りしていたと思います。

次に気になるのはこの不自然な艶。

いかにも樹脂塗料を塗り付けました!という安っぽい感じの光りかたです。とにかくテカテカなら良いという雰囲気です。ただでさえ実用重視の合板フローリングなのに、微かに残るはずの木の感じすら完全に無くなっています。

無垢材のような質感にしろ、とまでは言いませんが、安いものを更に安く見せても・・・。このテカテカの所為ですり傷も目立ちますしね。

実はこのフローリングについては他にも施工的に気に入らない(はっきり言って下手な)ところがあるのですが、それについては機会を改めます。

さて、そんなわけで、まずは古いワックスを除去します。

今回は、フローリング用のワックス除去剤というものを買ってきましたが、水性樹脂ワックスの多くはアルカリ可溶だそうで、例えばマジックリン(青)等でも溶解除去可能です。

フローリングを擦るのが面倒なので、初めは自動車磨き用のランダムアクションサンダーを使ってみたのですが、スポンジバフでは優しすぎていまいち効率が悪く、結局はワックス除去剤に付いて来たゴワゴワのスポンジを使って手作業となりました。おそらく、ウールバフを使えば良かったのだと思います。

また、この作業、詳しい仕組みは分かりませんが、ワックス除去剤でワックスを溶かして拭き取ると言うよりも、ワックス除去剤のアルカリ性でワックスを水溶性に戻し、水拭きのときに水に溶かして洗い取るという感じです。したがって、除去剤の塗りこみよりも、どちらかというと後の水拭きのほうが大切なようです。

フローリングに除去剤のアルカリが残ると、長期的には当然、フローリングを傷める原因になるでしょうから、ワックスの除去という目的以上に、ヌメリが無くなるまで、かなり真剣に水拭きしました。洗って拭いて、洗って拭いて、を3回くらいは繰り返さないとヌメリは取れません。雑巾を裏返しながら、洗いながらで結構大変でした。

そんなわけで、1日目に処理できたのはキッチン部分の3畳ぶんくらいだけ・・でした。

Img_5020_1

ワックス除去後の状態です。写真上のほうがワックスを剥離したところです。イヤなテカリがなく、しっとりと普通の木材の質感に戻っています。ワックスなど塗らず、この状態のほうが、どう考えても質感が良いと思います。

ただ、ワックスがないぶん、擦られれば床材自体に傷が付くことになるわけですから、長期的にこの状態を維持できるわけではありません。定期的に床を張り替える(笑)のでなければ、どうしても何かの保護剤を塗らなければならないわけです。

現在、つや消しのワックスを探し中です。どなたかご存知ありませんか?

|

« 住宅メーカーを選ぶにあたって~評判 | トップページ | 一番の不満~フローリング »

コメント

合板のフロアーはツルツルテカテカが当たり前だと思ってました。写真ではよく分からないのですがワックス外せば本物に近くなるのでしょうね。数ミリでも本物の木のはずですから。

我が家は結局まだワックス掛けていません。そろそろ掛けてみようと思うので何かいいもの探さないと。無垢用のいいのホームセンターで売ってないんですよね。

投稿: koge | 2007年7月 1日 (日) 19時55分

そう言えば梅雨時はワックス掛けるのに向かないと聞いた事があります。まあこれはツルツルテカテカに仕上げるには向かないということだと思うのでottoさんの場合は関係ないかな?

我が家は2階はノンワックスタイプの合板、1階は無垢なのでいいワックスは存じ上げません(泣)。

投稿: koge | 2007年7月 1日 (日) 19時59分

無垢のフローリングなどに塗る自然塗料でも
ツルツルになっちゃうかな~?
ワックスではないからダメですかね。。

私もテカテカがニガテです。
いくら面倒くさがりの私でも(笑)
ottoさんのようにテカテカワックスを剥がす事が出来るって知らなかったです。ホント剥がした方がいいですね。断然です。

投稿: たま | 2007年7月 2日 (月) 00時25分

kogeさんこんにちは。
合板フローリングも、ワックスを剥がせばテカテカではなくなりますよ。表面の仕上げ材は厚さ1mmですけど。(笑)
無垢用のワックスは売ってませんねえ。みーんな水溶性の樹脂系ばかりで。
時期の件は、おそらく湿度が高くてワックス液の水分が飛びにくいからでしょうね。雨ではない日の昼間に換気を良くしてやったら、とりあえずは大丈夫でした。
ところで、ノンワックスタイプというのがあることを初めて知りました。(笑)
もしかしてうちのもそうだったら・・・。
調べてみます。

投稿: otto | 2007年7月 2日 (月) 12時32分

たまさんこんにちは。
かなり手間はかかりますけど、剥げることは剥げますよ。作業では、フローリングの板の継ぎ目に流れ込まないように注意してくださいね。説明書などにも書かれていますが、フローリングの板に良いものではないので。
実は今回は来客の予定があったものですから、剥がした上にまた樹脂系のワックスを塗ってしまいました。
良いワックスを見つけたら、またやり直しです。(泣)
本物のワックス(油脂+蝋)であれば、あれほどの膜のようなテカテカにはならないでしょうね。端っこの方で自動車用のカルナバワックスを試してみます。
(水溶系のワックスが使えなくなるので危険ですが)

投稿: otto | 2007年7月 2日 (月) 12時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 住宅メーカーを選ぶにあたって~評判 | トップページ | 一番の不満~フローリング »