« ヘッドライトのお掃除(OEM部品) | トップページ | エンジンルームのお掃除 »

2007年5月14日 (月)

ヘッドライトのお掃除(取付後)

Img_4738

750の純正ロービームをダメにしてしまったので、とりあえずはOEM品を取り付けました。ハイビームは純正のままですが、きれいに掃除したのでまるで新品の輝きです。

若干(?)の失敗はありましたが、これでようやく曇りのないライトを手に入れることができました。美観的には非常に満足です。

Img_4741

このOEM品は髭ランプと言われるタイプなのですが、内部にアルミテープを貼ったので”髭”の部分がそれほど目立たなくなりました。”純正そのまま”が好みなので、まあなんとか許容範囲です。

プロジェクター内にあるシェードは表と裏の両面を耐熱シルバー(耐熱600℃)で塗装しました。レンズが白っぽく見えるのはそのせいです。青にでも塗ればそういう色味で映り込むのでしょう。

シェードに反射して戻った光はリフレクターに2回反射して上側から投射されるはずなのですが、以前にフォグランプで試したときにはそれほど効果を感じませんでした。まあ、そんなに効果があるのものならば、純正でそうしていますよね。金属部品(シェード)のメッキなんてそんなにコストがかかるものではありませんから。要するに気分の問題です。

さて、前置きが長くなりましたが、肝心の明るさはどうなったのか・・・です。

はい、たぶん明るくなっています。

(1)ロービーム

ランプユニット本体をOEM品に替えると同時に、またリフレクターが融けると嫌なのでバルブをIPFの65WからRAYBRIGのレーシングクリアの55Wに付け替えました。バルブの出力は減ったわけですが、それでも以前の状態よりクリアで明るくなったように感じます。やはり新品のリフレクターと埃の付いていないレンズの効果でしょうか。

光の色味こそ違うものの、フォグランプと同時点灯すれば私のもう一台の車であるNM35ステージアのHIDロービーム+H4ハロゲンフォグよりは明るいと思います。

期待された”髭”部分の効果については・・・いまいち分かりません。点灯させた状態でレンズのその部分を覗き込んでみても、それほど強烈な明るさを感じるわけでもありません。”髭”をふさいだ状態とふさがない状態での路面の明るさを照度計で測ってみることにします。

また、このOEM品は、お店の方が強調していたとおり、配光がきちんと右側通行用になっていますから、光軸調整もごく普通に可能でした。ただし、配光パターンが純正の( ̄|_)形から、よくある(\_)形に変わります。そのため、左路側方向の明るさは少し増しているように感じます。

(2)ハイビーム

レンズ・リフレクターともに洗浄しただけです。バルブは以前ロービームに入れていたIPFの65Wを入れました。ハイビームはそれほど長時間連続点灯するわけではありませんから、たぶん、リフレクターが融けたりはしないでしょう。

点灯してみると、それなりにクリアな感じになったとは思います。明るさについては、どちらかというとバルブの効果のほうが大きいでしょう。特に750はハイ・ロー同時点灯の4灯ですから、本当に「ビカーーーッ」と、夜闇を切り裂く感じです。

明るさを確保するということに対してリフレクターが深くて丸いというのは非常に有利です。フィラメントから周囲に放射される光を無駄なく反射させて前に送り出せますから。

ステージアもハイビームではハイ・ロー同時点灯だと思うのですが、どうにも配光がいけません。ぼわっと光が広がってしまって光が飛ばないと言うかボケているというか。やはり異型ランプというのは明るさの面で圧倒的に不利になるようです。

そんなわけで、とりあえずヘッドライトのお掃除(交換)作業はこれで終了です。OEM品がどのくらいの期間、その機能を維持できるのか、今後の観察が欠かせません。

« ヘッドライトのお掃除(OEM部品) | トップページ | エンジンルームのお掃除 »

」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます。
タイミング的にはこちらの記事に影響された形で、愛車(ottoさんの旧愛車)のZ32も先週末ヘッドライトのお掃除をしてみました。
結果から言うと、汚れで白く濁り「白内障」になっていたプロジェクターランプの濁りが取れ、キラキラとして少女漫画の目みたくなりました(笑)。
但し作業は思ったより大変でした・・・
まずZの場合はヘッドライトASSYを外すのにタイヤ・フェンダーライナー・ウインカーを外す必要があります(汗)。ヘッドライトASSYも分解はできないので、針金等にティッシュを巻きつけて、バルブの穴からシコシコ汚れを拭うしかありません。
結局週末2日間のの大半を費やしてしまいましたが、Zの不満点でもあったロービームの暗さもやや改善されたように思います。
何より、古い車なのになんとなく小奇麗な感じになり、オーナー的には満足です。
ではまた。。。

こちらこそご無沙汰です。
白内障、古い魚の目。表現する人によって様々ですが、あまり気分良くありませんよね、古いプロジェクターレンズ。しかし掃除後は少女マンガの目とは・・・素敵過ぎます。☆出てますか?ぜひ拝見したい・・・。
あ、近々拝見できる機会がありますね、楽しみにしております。
作業は大変でしょね。Z32のことを考えると750の作業はそれほど酷くないようにも思えてきます。ライトなんてすぐ取れますから。Z32はエンジニアがエンジンルームの配置配管を設計するのに嫌気がさしてノンインタークーラーにしてしまおうという案が出たとか出ないとかいう話があるそうですね。
ディアブロやR382に流用された名物(?)ライトユニットではありますが、明るさを根本的に増そうとするとHID化ですとか、レンズ径の大きくなった後期ユニットに交換とかになってしまうようですね。
ま、でも、オーナー的に満足であればそれが一番です。常時フォグライトONでなんとかしのぎましょう!
次はアルカンターラでシートの張り替えなんて如何ですか??(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヘッドライトのお掃除(OEM部品) | トップページ | エンジンルームのお掃除 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ottoの本棚

  • 徳永幾男: セイコーダイバーズウオッチ進化論 (ワールドムック 1078)

    徳永幾男: セイコーダイバーズウオッチ進化論 (ワールドムック 1078)
    セイコー社が普通に出しているであろう資料を継ぎ接ぎしただけの本。内容に伝説を求めてもパッキンについてもダイバーからの手紙についても同じことを繰り返し書くばかりで何の面白味もない。いかにネタが無いのかを自分で白状している感じ。 技術的な意味での興味からも全く期待はずれ。PTFEの方がガス(He)透過率が低いというデータを載せながら、何故PTFEではない材料を採用したのかの説明もない。(所要最小面圧が理由だろうが) そして、面白くない一番の理由は他社や他社製品との具体的、定量的な比較がないこと。他製品に対する優位性があってこその「進化」だろうに。件のダイバーの手紙に「どれもこれもダメ」と書いてあったという問題提起の話だけで、実際のHe飽和潜水でセイコー製がその問題を解決したのかどうかの裏付けがない。 著者は実績ある時計専門の機械屋さんのようだから出版に当たって名前だけ使われたのだろうと思わずに居られない。 最近で最も損したと思った本に認定。 (★)

  • ウイダー: ウイダー・トレーニング・バイブル (ウイダー・トータル・フィットネス・シリーズ)

    ウイダー: ウイダー・トレーニング・バイブル (ウイダー・トータル・フィットネス・シリーズ)
    10年くらい前に買った本書を再読。紹介されているトレーニング種目は多く、運動競技別のメニューも紹介されている。また、反復可能回数を基準にした重量設定の方法も簡単に紹介されているが、「漸進性の原理」にはほんの一言二言触れているだけで、トレーニングが進んだとき、どのようにウェイトの重量を増やせば良いのかについては殆ど記載がない。唯一、「導入段階のトレーニングプログラム例」の中に「最終セットで15回出来るようになったら2.5kg増す」というような記載があるのみ。確かに重量設定の方法を逆読みすれば目的とする効果が得られる反復回数となるように重量を増やして行くべきということは分からなくもないが一般には分かりにくいだろう。明らかに初心者向けの書籍なのに、その点に関するガイドが不足していることに疑問を感じる。厳密に言うと用い方が違うとしても、8×3法なり5×5法なりのような、分かりやすいウェイト重量調整の判断基準が欲しい。ウェイトを増やして行くこと自体が目的にかなり近いことであって、他のことはその手段なのだから、ウェイトの増やし方には章をひとつ割いても良いくらいだと思うので。 (★★)

  • クリス アセート: 究極の筋肉を造るためのボディビルハンドブック

    クリス アセート: 究極の筋肉を造るためのボディビルハンドブック
    内容は運動強度と栄養摂取に関する原則に特化しており、個別の運動についての詳細は含まれていないので注意。挿絵以外に図表は含まれない。 (★★)

  • マイケル ルイス: フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち

    マイケル ルイス: フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち
    読書中

  • バートン・マルキール: ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉 ―株式投資の不滅の真理

    バートン・マルキール: ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉 ―株式投資の不滅の真理
    主張には一貫性があり差し替えられた最新のデータに対しても矛盾がない。最高のリターンを得るためにベストな方法ではなく、普通の人が十分な(とは言えかなり良い)リターンを得られる可能性が高い方法を明確に示している点で個人投資家にとって最良の書ではないだろうか。株式、債券の範囲で投資を始めるなら、まずは歴史に裏打ちされたこの本を読んでからにすべき。投資窓口で投資商品を販売する方々も、この本を読んでから個人投資家に接すれば無駄な問答が無くなるように思う。まあ、そんなことをしたら彼らが自己矛盾に苦しむことになるが。 (★★★★★)

  • フレデリック ドラヴィエ: 目でみる筋力トレーニングの解剖学―ひと目でわかる強化部位と筋名

    フレデリック ドラヴィエ: 目でみる筋力トレーニングの解剖学―ひと目でわかる強化部位と筋名
    主な筋肉については起始と停止位置がその筋肉単独の状態で図解されているが、せっかくなら運動状態の図についても、その運動が主題にする筋肉だけを単独で図示してほしかった。その方が、その筋肉がどのような方向に力を発揮するのか、どのような方向に動作すれば筋肉に効率よく刺激を与えられるのかが分かりやすくなるように思う。筋肉の起始と停止位置が分からない図であれば、なにも表皮を剥いで筋肉を露出させた状態で運動の様子を描く必要がないのでは。 (★)

  • 荒川 裕志: プロが教える 筋肉のしくみ・はたらきパーフェクト事典

    荒川 裕志: プロが教える 筋肉のしくみ・はたらきパーフェクト事典
    筋肉が骨格と共に各々単独で図解されており筋肉の骨格への付着(起始,停止)位置が分かりやすい。図を見ればどのような動作が筋肉に刺激を与えるのかが想像できる。同シリーズのトレーニング編にも興味が湧いた。 (★★★★)

  • ウイダー: ウイダー・トレーニング・バイブル (ウイダー・トータル・フィットネス・シリーズ)

    ウイダー: ウイダー・トレーニング・バイブル (ウイダー・トータル・フィットネス・シリーズ)
    (★★★)

  • 世界文化社: Octane日本版 Vol.12 (BIGMANスペシャル)

    世界文化社: Octane日本版 Vol.12 (BIGMANスペシャル)
    素敵なグラビアを堪能。 (★★★)

  • 世界文化社: オクタン日本版特別編集 VANTAGE (BIGMANスペシャル)

    世界文化社: オクタン日本版特別編集 VANTAGE (BIGMANスペシャル)

Shops

  • Ride Out KAWASAKI 専門店
    友人である長谷川氏のバイクショップ。 杉並区善福寺一丁目青梅街道沿い。 KAWASAKI中心に取り扱い。

家作りリンク

家作りガイド

  • 住まいの水先案内人
    家作りに関する技術的な解説、資料、コツ、そして注意点が盛りだくさんです。非常に多くの内容が含まれていますが、それらが分かりやすく整理されています。このサイトを隅から隅まで読んで家作りに着手すれば余程のことがない限り致命的な問題が発生するようなことは避けられるのではないでしょうか。特定の工法、業者に傾いた解説も見当たらず、非常に良いサイトだと思います。
  • 建築家による1000問答の建築よろず相談
    基本的には建築に関係する相談のサイトです。建築士等によるQ&Aが充実しています。運営主体の性質上、建築士による建築計画・監理を強く推し、そのメリットを強調しています。