« 謎の車 | トップページ | ディストリビューターの掃除 »

2007年4月29日 (日)

下回り洗浄

Img_4615

先日の下回り点検でフロア下があまりにも汚いことに気付きました。オーバーフローさせてしまったPSFが埃と混ざってこびりついています。気付いてしまうと気分が悪いので洗浄することにします。

とはいえ、ブレーキクリーナーをかけて拭き取る・・・などということができる面積ではありませんから他の方法を考えます。ものすごい量の溶剤を周囲に撒き散らすのも気が引けますしね。

クレのエンジンフォーミングクリーンを使うことも考えたのですが、フロア下全体に吹きかけようとしたら一体いくらかかるか分かりません。そこで思いついたのは家庭用の汎用洗剤を使うこと。家庭用なのでお手頃価格であることを期待します。

そこで、さっそく近所のコンビニへ。家庭用洗剤といっても中性洗剤、漂白剤等色々ですね。でも、油汚れを落とすならやはりアルカリ性のもの。製品表示の液性を見て、"しつこい油汚れに"の「マジックリン」を選びました。お店に置いてあった4本を買い占めます。

Img_4616_1

次の日の朝勤務先に着いて、まずは洗剤を吹きかけるためにジャッキアップです。下にもぐりますから安全のためにウマをかけておきます。フロアパン、サスアーム、全体に徹底的にマジックリンを吹きかけて昼休みを待ちます。洗剤をかけるとすぐに油汚れが溶け出します。

昼のチャイムが鳴ってすぐ外へ飛び出し、高圧洗浄機で洗い流します。

落ちますねえ。マジックリン+高圧洗浄機、素晴らしい効果です。高圧洗浄機だけで試したときにはこんなに落ちませんでしたから、まさに両方の相乗効果です。

Img_4623

真っ黒だったフェンダーの内側もこのとおり。内側もシルバーメタリックだったんですねえ。(笑)

Img_4628

サスアームもきれいになりました。それがアルミ製であることを主張する銀色です。以前は何で出来ているのか分かりませんでした。付着物の性質が違うのでブレーキキャリパーの汚れは落ちませんでした。あとで鉄粉除去剤で落とすことにします。

Img_4627_1

真っ黒だったフロア下もきれいなシルバーメタリックになりました。”新車みたい”とは言い過ぎかもしれませんが、結構それに近い感じです。

一部、アンダーボディースプレーランスを使っても届かない(というか見えない)場所があり、そこにはやはり汚れが残っています。近々、ずぶ濡れになることを覚悟の上でピットの中から高圧洗浄することになりそうです。

自分としてはかなり満足だったのですが、昼休みの終わりに車を下ろすと・・・、

ああ、なんにも変わらない・・・。

ま、完全に自己満足です。

|

« 謎の車 | トップページ | ディストリビューターの掃除 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 謎の車 | トップページ | ディストリビューターの掃除 »