« ガツン | トップページ | 教習所・・・? »

2007年3月28日 (水)

ご検討ください

ある一連の仕事を任せてある担当部署(者)からの報告でイラッとすることがあります。

例えば技術部門の人間に製品クレームの処理を依頼したとき、しばらくして出てきた報告が、事実のみを書き連ねた単なる「再現実験記録」とか、「調査記録」だったときです。

そういう報告に限って最後には

「ご検討ください。」

と来ます。

こちらが頼んだのはクレームの「処理」です。

当然、再現実験や調査は必要ですが、「処理」というからにはそこには顧客への最終回答(案)、社内での改善策等が含まれて然るべきです。

こういう報告をしてくる担当者というのは、社内の決済を得るという意味を何か取り違えているのでしょうね。事実のみを依頼者に報告すれば、あとは社内で他の人が適当に処理してくれる、あるいは自分への指示が返ってくると。

だから、最後には

「ご検討ください。」

なのでしょう。

自分では判断しない、考えない、やる気ない。

こちらは「作業」を頼んでいるんじゃないんですから頭を使って「仕事」をしてもらわないと。

そんなのは「社員」の仕事ではありません。

 

本来であれば、事実関係についての報告を行った上で、

「・・・従って、○○課としては××を原因と推察し、有効な対策としては△△、□□が考えられますが、~~の事情がありますので、△△を対策として採用すべきと考えます。」

「社内調整の上、対策を実行に移すため、内容を確認のうえ、対策実施手配の可否を○月○日までにご連絡ください。」

「なお、顧客への連絡は、クレーム第一報後1週間となる○月○日までには行うべきです。ご連絡いただけない場合は上案を実施することとします。」

くらいの先回りした連絡、仕事が欲しいものです。

 

「じゃあ自分は?」

と言われると

「・・・???」

ですが。(笑)

|

« ガツン | トップページ | 教習所・・・? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171129/14436095

この記事へのトラックバック一覧です: ご検討ください:

« ガツン | トップページ | 教習所・・・? »