« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月29日 (金)

基礎コンクリート破壊試験結果

Scan09261以前から気になっていたコンクリートの破壊強度試験の結果を、I監督から受け取りました。

結果、28日強度で4本のサンプルが26.9~27.6N/mm2。設計強度が24N/mm2ですから、とりあえずOKです。

ちなみに9日強度では19.4~19.9N/mm2という記録。時間の経過とともに成長しているんですね。本で読んで知ってはいましたが、実際にこういう結果を見ると不思議と感心してしまいます。

テストピースを現場に置いての養生ではないので、建物の基礎と比較すれば上下多少の差はあると思いますが、このような試験結果がきちんと出てくるというのはこちらの安心につながります。(企業が発注した工事ではごく普通のことですが)

ところで、もし基準に達していなかったらどういう処置になったんでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

照明器具搬入

Img_3482 今日は施主支給ぶんの照明器具が現場に納入されました。点数が多いので欠品、手配違い等を心配していたのですが、全て問題なく納品された模様です。

納入時の員数確認はI監督にお願いできるということでしたので、私が手配した電気屋さんとの間で日程を約束しての納入でした。

施主支給の器具はお付き合いのある電気屋さんからの購入で通販最安値に揃えた値段で器具を調達させていただきました。S電気工事のS社長、本当にありがとうございます。

以前にも書きましたが、私たちの家では基本的にダウンライトは施工込みで積水ハウスさん手配、それ以外は施主支給という感じです。施工費込みで検討するとこのパターンがお得になるようです。

吹き抜け部分の明るさには大いに不安があるので、早く実物を点灯させて確認したいところです。もしも明るさに不足があるようなら代わりの器具をすぐ手配しないといけませんから。(泣)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水)

お守り

外構工事着手に先立ち、新しい家のお守りにお越しいただきました。

お守りはトラックに乗って、代引きでやってきました。(汗)

続きを読む "お守り"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

貯水タンク

Img_1168 Img_1172

本日、庭の法面からの湧水を処理するための透水管と貯水タンクを近所のスーパービバホームに注文してきました。

タンクは当初の計画から縮小して500Lのものにしたのですが、ステージアにはギリギリで載せることが出来ず、現地へ配送ということにしました。

その他、貯めた水を使うための水中ポンプと配管小物類を購入し、全部で約3万円。

続きを読む "貯水タンク"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月25日 (月)

お気に入り

Img_1366 Img_1351

ステージアについては文句っぽいことばかり書いていますが、本当はけっこう気に入っています。車に気の毒なので、たまには気に入ったところも書いておくことにします。

まず外観です。

BMWの現行7シリーズと同じ外径の大きなタイヤ。フェンダーに深く切り込まれたホイールアーチ、短いフロントオーバーハングとあいまって車高の高さを感じさせません。ホイールもシンプルな良い造形だと思っています。

そして内装。

内装はハイコントラスト。一目見てブラックとタン色の組み合わせが気に入りました。メーター表示のオレンジもきれいです。シートは合皮+本皮。表皮のパンチングのおかげか夏でも蒸れたりしませんでした。

続きを読む "お気に入り"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知り合いだから

先ほどテレビに「同窓会で何十年ぶりかに出会った元同級生の大工に家の建築を頼んでひどい欠陥住宅をつかまされた」人が出ていました。

「知り合いだから」と信用して家作りを依頼してしまったそうです。

テレビ番組の中での扱いのとおり、一番悪いのはもちろんその大工(と名義貸しの建築士)であることは論を持ちません。

一方、この種の話を聞くと私がいつも思うことがあります。

続きを読む "知り合いだから"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ピット防水処理のこと

先週の木曜日、外構その他の打ち合わせのため、積水ハウスの営業所に行ってきました。内容としては、①外構のこと ②火災保険のこと ③内装の造作変更のこと ④ピットの防水について というところです。

①~③については細かいことなのでここでは省略して(笑)、私にとって最も大事なのは④のピットの防水のことでした。ようやく工法が最終決定になりそうです。

続きを読む "ピット防水処理のこと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

木工事(12)

Img_1319_1リビングのドアです。広々感が出るかなあと思って親子扉にしてみました。

本当は天井高のドアにしたかったのですが、積水ハウス標準の仕様の中で何故か親子扉には天井高の設定がなかったため、止むを得ず普通の高さの扉になりました。最近の建具なので、もともとかなりの高さはあるのですが。

ただ、親子にしても実際のところ、子扉のほうはきっと締め切りになると思います。私の希望ではあったのですが、出来てみると「無駄ポイント1」という感じです。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木工事(11)

Img_1293_2 2階の壁紙貼りがかなり進んでいました。写真は、2階吹き抜け部分のアクセントクロス貼りの様子です。

インテリアコーディネーターTさんの提案で壁のうちの1面だけ色を変えることにしてあったのですが、貼ってみると、「うんうん」と納得できる感じでした。自分たちでは思いつかなかったと思うので、Tさんに感謝です。他に、和室コーナーも同じようなアクセントがあります。

仕上がりは、かなりきれいだと思います。継ぎ目がピッタリ合っているのはプロにとっては当然のことなのでしょうけれど、細かいコーナーもていねいに処理してあって納得の仕上がりでした。きっと上手な職人さんなんだと思います。

続きを読む "木工事(11)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クルマ

Dr30 

ある日近所の日産ディーラーに行くと、恐ろしくきれいなDR30が停まっていました。ボディーは当然のこととして、フェンダーの内側まで少しの汚れもありません。私が昔、HR30に乗っていたときの憧れの車でした。懐かしい気持ちでつい写真に撮ってしまった次第。

ディーラーのメカさんにきくと、ワンオーナーで新車からずっと乗っている方の車なんだとか。

車もここまで大切にされればうれしいでしょうね。

私の場合、HR30は走行15万kmを超えたあたりで「☆」にしてしまったので、車の一生は本当にオーナー次第だなあと思います。

車にも少し落ち着いて接することが出来るようになった今日この頃、今の車たちは大切にしてやらないといけません。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

木工事(10)

Dsc_3188

先日、私の部屋とガレージの間の通路の部分で少々問題発生ということで現場を確認してきました。

結果的にはそれほど大きな問題ではなかったのですが、色々な部材の情報が設計から部材手配まで連動するようなCADを使ったからこそ起きたトラブルなのかなあという印象です。

CADに作りこまれた範囲だけで作業をしているときには何の問題もないのですが、何かの都合でそこから一歩踏み出ると、やはり人間の作業しだいなんですよね。

私も機械の設計屋なので、それは非常によく分かります。

続きを読む "木工事(10)"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年9月22日 (金)

保険料

火災保険、各請け負い業者ごとにけっこうな保険料の差があるようなのですね。暇なので、家の火災保険の保険料、どのくらいが適当なのかを計算してみました。(笑)

計算のしかたは下のとおりです。と、ここで断っておかないといけないのですが、私は保険の専門家でも数学の専門家でもありませんので、これはあくまで数字のお遊びです。決してまじめにお考えになりませんようお願いします。むしろ、おかしなところはぜひご指摘ください。再度計算して楽しみましょう。

(1) 損害保険会社の保険料は収支均衡に従う

(2) したがって、支払った保険料は一定期間の間に必ずどこかの火災に対する保険料として支払われている。

(3) 建物の寿命は30年(適当に)

続きを読む "保険料"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NM35ステージアのブレーキ

18inchのホイールに対してなんとも可愛いローターのステージア。初めはなんだか頼りないと思っていたのですが、きちんとエア抜きをしてやったら少しタッチがしっかりしたようです。

法定速度+・・・++レベルからガツンと踏んでみると、ABSが即座にガリガリと動作を始めます。タイヤのグリップに対してブレーキシステムの拘束力が十分な証拠です。減速Gもベーシックなタイヤ(Playz)を履かせているわりにはかなりなものです。同じ銘柄、幅のタイヤを履かせたE32よりはずっと強力な減速Gです。

サーキットを走るなら話は別ですが、一般道で普通に走るためのブレーキとしてはこれで十分でしょう。せいぜい法定速度+くらいの速度から1回か2回だけ最大の制動力を発揮できれば良いのですから。(というか、そういう運転をしてはいけない・・・笑)

大きな減速Gを感じるのは前後の重量バランスが優れたFMパッケージのおかげでしょうか。もしかしたらABS動作時にはATESSA E-TSが前後のトルク配分を50:50にしているのかも知れません。

こんど、きちんと減速Gを測ってみます。以前に乗っていたZ32+φ324ローター+RE-01の減速Gを超えるのではないかと・・・期待しています。

結局、総合的なセッティングの結果なんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

750iL車検

さて、わが家のE32-750iLは93年の登録から今年で13年目を迎え、今の車検は9月28日で切れてしまいます。新たに車検を通すべきかどうか私としてはかなり悩んだのですが、やはりまた、車検を通すことにしました。

もはや年式から言って、いつ致命的な故障を起こさないとも限りませんから私にとってこれはちょっとした賭けなのですが、最近、自分があの車を思いのほか気に入ってしまっていることに気づいてしまい、そういうことにしたのでした。なかなか他にはない独特の世界があるように感じていまして。(笑)

PSラインから明らかなオイルの滲みがあるので、車検のときは洗浄でごまかすことにします。その他にも何か指摘されてしまうとやっかいなので、整備ナシのユーザー車検です。

ようやく足車もできたことですし、まあ今後は新しいガレージでゆっくりバラしてやろうと思います。

 

車は今日、陸運局の検査に行っているはずです。無事に車検を通りますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

構造材と火災

今回、自分の家の火災保険を検討するにあたって色々なサイトを見て回りました。保険の仕組みのことを解説したサイト、保険会社による違いを解説したサイトなどなど。

そんな中で「構造材の種類と火災に対する強さの関係」について書かれたサイト・書き込みもたくさんありました。

どこを見ても「RCは別格の強さを持つ」というところでは一致しているのですが、「木造と鉄骨、どっちが火災に強い?」というと、けっこう色々な意見があるようですね。

続きを読む "構造材と火災"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

家の保険

私たちの家の完成予定は10月下旬です。建築中の事故等については基本的にメーカーが責任を持つわけですが、引渡しを受けた瞬間から家に関わるリスクは自分で担保しなくてはなりません。

そうなると、まずは保険を考えないといけません。火災保険と地震保険、そして家財保険です。

さっそく、以前から付き合いのある保険会社にこのフルセットで見積もりを依頼しました。

ただ、地震保険はものすごく高い!という話を聞いていたので、見積もりを見て保険料があまりにも高いようだったら止めてしまおうと思っていました。

しばらくして保険会社からメールが。まずはメールでの簡単なお見積もりです。恐る恐るメールを開いてみると・・・。

続きを読む "家の保険"

| | コメント (5) | トラックバック (1)

軽井沢

Img_1272 Img_1273

連休は軽井沢に遊びに行ってきました。古くからの別荘地だけあって旧軽井沢周辺には木立の中に立派な別荘がたくさんあります。苔生した広い庭と石とが素敵です。こんな岩を庭先に置いてみたいものです。

続きを読む "軽井沢"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

写真を撮るためのカメラ

「写真を撮るためのカメラ」として良いカメラってどんなカメラでしょうか。

いきなり結論ですが、結局はそのユーザーにとって「写真を撮る能力が高いかどうか」、だと思うんです。「写真を撮る能力」の基準はユーザー次第で色々でしょうけれど、私にとっては「いつでも楽しくそこそこの写真が撮れること」です。

続きを読む "写真を撮るためのカメラ"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年9月12日 (火)

エアコンのこと(2)

私たちの家ではエアコンの電源を全て100Vで計画してあります。

深く考えることなくそうしてしまったのですが、今になって不都合が発生しています。こちらも隠蔽配管とのからみです。

続きを読む "エアコンのこと(2)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エアコンのこと(1)

みなさんはエアコンってどうやって選びましたか?正直言って私は油断していました。

私たちの家ではLDKに付く2台のエアコン(12畳用×2)だけは三菱の製品を積水ハウスで手配しています。打ち合わせのかなり初期の段階で決めたことで、大手メーカーのものなら基本性能はみんな同じでしょ、なんて思っていたのです。

ところが、そろそろ他の部屋に付けるエアコンも選ばなければと思ってカタログをながめ始めたところ、気付いてしまったんです。積水さんが見積もりに入れてあるエアコンは省エネ性能が低い!いわゆる省エネ達成率が100%どまりの機種です。

一番稼働率も負荷率も高そうなLDKという場所のエアコンがこれではいかんということで、機種の変更を考え始めました。

すると、ですね、問題が出てきてしまったんです。隠蔽配管がらみのことですから、これから隠蔽配管を計画される方はぜひ御注意ください。

続きを読む "エアコンのこと(1)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

木工事(9)

Img_1255

内装の造作がだいぶ進んでいました。2Fの壁下地はほぼ完成です。写真は現し梁のある2階の吹き抜け。真南に向いているので、明るい部屋にはなると思います。夏の暑さについては・・・ガラスの性能に期待ですね。一応、真夏の太陽が南中したときには軒が日射を遮る計算なんですが。酷かったらどうしましょう。(笑)

Img_1230

2階のホールと1階からの吹き抜けの間に付けた小窓です。予定では、ここから顔を出してお客さんに「いらっしゃーい」と言うことになっています。手前に写っている材木は工事用の足場です。そろそろ取れるんでしょうか。

続きを読む "木工事(9)"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

光触媒塗装

Img_1010 

光触媒塗料の試験パネルです。パネルの上半分が光触媒塗料、下半分が普通の塗料で塗装されています。テストパネルをメーカーからもらって、工場の温室の上に乗せておきました。

乗せてからもう2年近くたっていると思います。ナメクジが這い回ってしまっていますが、明らかに上のほうがきれいです。というか、ナメクジが這い回ったときの汚れの落ち方が良いようです。(笑)

Img_1011

水とブラシで洗ってみました。きれいになりました。光触媒塗装の部分のほうが少しだけきれいに見えます。

自分の家に塗ったわけではないんですが、大和ハウスさんも(パナさんは以前から)外壁に使っているようなので参考まで・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月 9日 (土)

フーガ5.1L

Img_0939_1フーガの5.1Lにチョイ乗りしました。イイですね。

低速からガツンと来るトルク感、高回転まで衰えない加速感。社外チューンだからもっと荒々しいのかと思っていたのですが、全くそんなことはありません。極めて精密感のあるフィーリングです。クランクとピストンと、きちんと重量バランスがとれているのでしょう。

IMPULが380psを標榜しているところ、確かにそれくらいの出力は出ているでしょう。400馬力のZ32よりもずっと精緻な加速感です。鉄のレールの上を走るようにやたらとしっかりした接地感とともに、今のE55と共通したものを感じました。(出力は100馬力近く違いますが)

前6ピストン×φ370、後4ピストン×φ332のブレーキも秀逸です。ブレーキペダルを踏んだときの剛性感からして並みのものではありません。倍力係数の関係で当たり前といえば当たり前なんですが、まるで床を踏んでいるような感触です。とはいえ、もちろんタウンスピードでは、鳴きます。

実はこれ、パワーダウンした息子に対する負け続けた父親の逆襲なんです。MBもBMWも絶対に買わないと決めているのでこのような選択になったようで。

でもこちらはタービン換えれば・・・。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

新製品

う~ん、来ましたね。、大和ハウス。

以前に高強度構造材(×1.3)を近々市場投入という記事は書きましたが、同時に断熱構造も変更になったようです。詳細は分かりませんが、ホームページを見る限り、いわゆる外張り断熱に属するものということでしょうか。

【大和ハウスのホームページ】

一般的な木造構造の場合、外張り断熱で断熱材の厚みを確保しようとすると、外壁の固定強度が低下する傾向になると思いますが、このような鉄骨構造の場合には金具+ボルト留めで、重い外壁に対してもかなりの強度が出せることと思います。

プラスして、なんだか太陽電池発電も標準仕様だとか。

ま、このようなモデルチェンジが無いならそれはある意味で不健全な業態とも言えるわけで、しばらくのうちに積水ハウスが大幅な仕様変更を行ったとしても驚きません。

個人的には旧モデル化ということでちょっとガッカリですが。(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

庭造り

Img_1143 Img_1141

DIYセンターに行くと色々な資材があります。安いもの高いもの様々ですが、石系の材料は私の想像よりもだいぶ安くてちょっと意外でした。

”石貼りの○○” というと ”うわ!お金持ち~” というイメージだったので。

ブロックで積んだ造作物にこういう石材を接着剤でペタペタ貼って、隙間をモルタルで埋めればけっこう見栄えがするのでは・・・と思います。

挑戦してみようかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湧き水処理のこと

Img_1167

今週末は現地で外構の打ち合わせです。着工以前にほとんどの部分は決まっていて見積もりにも入っているのですが、現地を見ながら最終確認を、ということのようです。特に高さ方向のイメージはやはり出来上がったものを見ながらでないと分かりませんからね。

さて、打ち合わせに先立ち、まずは問題の水を処理するための透水管と貯水タンクを探しに”スーパービバホーム”に行ってきました。このあたりはDIYにしようと思っているのです。

以前から目をつけていたのですが、水が湧き出てくる土の境界に沿って”ダブル管”なるものを埋めてやれば良さそうです。コルゲート管の内面が平滑に仕上げてあり、水の流れが良いように工夫されているそうです。埋設にあたって周りに砂利を入れる必要があるのかどうか調べてみないといけません。

Img_1171

管に入った水はこんな感じのタンクに入れようと思います。容量1,000Lで4万円弱です。一人1日の生活用水は20Lと言われていますので、4人で10日ぶんくらいの容量です。庭の水撒きにはもちろんのこと、災害の時にも役に立つことでしょう。

オーバーフローぶんはどこかに流す(or 浸透させる)ことになるので、そのへんの接続は積水ハウスさんと相談します。

ただ、これを埋める穴はかなりの深さになります。掘るのがたいへんそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バラバラ

今まで気付かなかったのですがこのBlog、ブラウザーで文字サイズを変えると写真回りの文字の段組みが崩れるんですね。

見難いからこれからは回り込みナシにしましょう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

サンシャイン水族館

Img_1063週末、サンシャイン水族館に行ってきました。

この子、脱走したことで一躍有名になったアリクイです。

「ん?」という感じでこちらを見ています。背中の開いたオーバーオールのような感じの柄がなんとも愛嬌あります。

続きを読む "サンシャイン水族館"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

いきもの

Img_1016勤務先の食堂で捕獲されたヤモリです。春にも一匹、発見されたような。

こういういきもの、けっこう好きです。

それだけです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

雨水有効利用

以前の記事にも書きましたが、私たちの家は、緩い斜面のふもとに位置しています。

そのおかげで敷地境界付近の法面からは、いつも一定量の水が染み出ています。特に雨が降るとその量はかなりのものになり、そのまま捨ててしまうのはもったいないほどです。

そんなわけで、その水の有効利用をしようかと思っています。

とりあえず、水が湧き出る部分に浸透管を埋め、入ってきた水を貯水タンクに集めます。タンクに水中ポンプを放り込んでおけば、いつでも好きなときにその水を使えます。オーバーフローぶんは敷地角の浸透枡に入れることにします。こうしておけば、家の基礎下に水が流れ込むのを防ぐ意味でも有効でしょう。

貯水タンクは1,000L程度のものが価格的にも寸法的にも丁度良さそうなので、穴を掘って埋めることにします。防災的な意味でも十分な容量だと思います。

来週、外構の打ち合わせがあるので、このへんも併せて相談するつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木工事(8)

Dsc_3176a建物の周りの足場と囲いシートが外されました。

今までなかなか見えなかった建物全体の姿が、ようやく見えるようになりました。

う~ん、模型のとおりです・・・。(笑)

全体にちょっと白すぎたかなあという気もしますが、すぐに薄汚れてちょうど良くなるでしょう。

続きを読む "木工事(8)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

あいさつ

ぶつぶつ言ってもしょうがないのでこの記事は削除しました。とにかく前へ、前へ、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

木工事(7)

Img_0996さて、内装工事が始まってほぼ1ヶ月。各部がだいぶ姿を見せ始めました。外側の覆いと足場も明日にはとれるそうです。

これは玄関の上がり框。良く行く某所の玄関が素敵だったのでうちも天然石にしてみました。接着剤で留められているそうですが、それでも専門の石屋さんが来て施工するそうです。その上には取り敢えずの養生が。床を張った後はもっと本格的に養生されるそうです。

続きを読む "木工事(7)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木工事(6)

Img_0956私たちの家はリビングとダイニングを床暖房にします。

床暖房にもいくつかの形式がありますが、私たちは温度の立ち上がりと制御性の良さ、そしてメンテナンスの容易さを重視して電気ヒーター式のものを選びました。

続きを読む "木工事(6)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

木工事(5)

Img_0962現場を見に行くと、問題の箇所は是正工事の途中でした。
作業にとりかかっているのは良いのですが・・・、うわっ、ここまでやりますか。

         

続きを読む "木工事(5)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »