« 地鎮祭 | トップページ | 地鎮祭無事終了 »

2006年6月23日 (金)

構造計算偽装のこと

ニュースなどで聞く限り、逮捕された元建築士による構造計算書偽装に至る経緯が当初の話とだいぶ変ってきているようですね。

「初めての計算だったからうまくできなくて・・・、てきとうに書いちゃいました。」

って・・・。ガ~ン。

もしもそれが本当なら、基準に対して「うまくピッタリ」にはできなくても良いので、丈夫なほうへ少し余裕をもって書けなかったのでしょうか。(私が機械の設計をするときにはそうしています)

しかし、「そんなに特殊な形の建物でもないのにその構造計算ができない人がいた」という観点から見ると、これから建てる私たちの家も「そんなに特殊な形ではない」のですが、もしかして「できない人」がいたりしないかと心配になります。

困ったことです。

倒産した建設会社、廃業した検査機関をはじめ、関係した複数の会社はほぼ完全に「わりを食った」という形になるのでしょうか。「さもありなん」というストーリーを多くの人が信じてしまったわけですが・・・。

|

« 地鎮祭 | トップページ | 地鎮祭無事終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171129/10648347

この記事へのトラックバック一覧です: 構造計算偽装のこと:

« 地鎮祭 | トップページ | 地鎮祭無事終了 »